節約セレブ

年収200万円で年収600万円のような暮らしをする節約ブログ

信用は勝ち取りに行くもの

f:id:horitsukiko:20180606192011j:plain

【信用は築き上げるもの】と勘違いしがちですが、ボンヤリ生きて得れる信用は大したことないです。

 

信用は勝ち取りに行くものだと思います。

 

テクニックを炸裂させて、【自分は信用できる人間であるアピール】をしまくった方が良いです。

 

 

 

 

 信用を取りに行く方法

具体的には信用は「スピードと正確さ」で表現します。


頼まれたことはすぐにやることが大事です。

 

  • お店の予約は頼まれた瞬間に目の前で電話をかける、
  • 借りた物は次の日に返す、
  • お金はすぐに渡す、自分から切り出す

 


やりすぎなくらいに表現しまくればいいですが、意外に出来ない人が多いです。

 

無理やりでも時間を作って用事を早く済ませてみてください。

 


相手の気持ちになったら、すぐやって欲しいに決まってます。

 

内容は単純ですが、これだけで信用に価する人間になれます。

 

 信用を取りに行くための例

昔職場で「幹事が飲み会の会費の取り立てがしつこい」と怒ってる人達がいました。

 

一方私には「きみだったら、いつでも良いよ」と幹事の方は言ってくれました。

 

 

 

周囲は幹事の人間性が卑しいと非難してましたが、

 

「自分は幹事の中で信用に価しない人間」だったという発想はないようです。

 

お金のことだったら誰だってハッキリさせたいに決まってます。

 


これは私がテクニックを駆使して信用を勝ち取ったので

特別扱いされるのは当たり前です。

 

 

避難していた人は日ごろの態度が、誠実でないので幹事の方が警戒するのは自然だと思いました。

 

ありのままの自分で信用を取りに行くのは無理

私の人間性が素晴らしいと言いたいのでなく、

素のだらしない自分だったら、信用される人間にまずなれないです。

 

最初から意気込みが違うんです。

 


付き合いが長ければ信用されるってことは絶対にないです。

 

逆に生活態度から自分の甘えがバレて、要注意人物になる可能性が高いです。

 


日頃だらしなかったら、まず信用されません。

 

 

縁の切れる時は性格の良し悪しじゃなくて、

だらしなさが主な原因だと思います。

 

今もこの考えは変わらないです。

 

「いつやるんですか?」「後でしょ!」ではだめなんです。

 

 

★関連記事★