ミニマリストからプレッパーになるブログ

ノマドなミニマリストから定住プレッパーを目指します

スポンサーリンク

【セブ島】日本から持って行きたい日焼け対策

海外の海

 セブ島に住んでいる姫姉様こと堀居みきです。

 

 フィリピンは常夏で日差しがきついですが、まったく肌を焼かずに美白をキープしています。なので今回は絶対に肌を焼きたくない人のために、アドバイスを書いてみました。

 

もちろん日本にいる人にも有効なので参考になれば幸いです♡

 

日本から持ってくるべき日除けアイテム

UVカットパーカー

日焼け止め

  • 日差しガード
  • ナンパ防止
  • 蚊対策
  • 冷房対策

 

UVカット機能付きの長袖の羽織モノを何着か持ってきた方が絶対に良いです。色々塗るよりかは物理的な遮断が最強です。

 

パーカー付きだと、日差しがきつい時に被って髪の毛をガードできます。油断したら一瞬で髪の毛がチリチリパサパサになります。

 

 

フィリピンでも服は買えるのですが、品質は日本のほうが上ですし安いです。日差しは日本の倍の強さなので、紫外線を舐めたら肌がヤケド状態になりますよ。

 

フィリピンにもユニクロはあるけど値段が高いです。1,5倍~くらいの値段で服が売ってます。

 

またフィリピン人男性はわかりやすく、肌の露出が多いと、ちょっかいを出してきます。モテたい人は露出を上げればチョロイですが、ストーカーになる危険もあるので、トラブルに巻き込まれたくない人は露出をしてはいけません。

 

 

蚊はデング熱のリスクもあるので、服を着て肌を隠すだけで虫対策になります。フィリピンの冷房はキツイので、長袖の服は風邪対策になります。

 

▼私が使用してるパーカー。安くてよい▼

 

100%&完全遮光の折り畳み日傘

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/horitsukiko/20200107/20200107165732.jpg

フィリピンでも日傘を売ってますが、クソ雑魚クオリティです。すぐ壊れるし、日本ほど種類がないです。探すのも大変。

 

 

なので、日本から完全遮光の折り畳み傘を持参したほうが良いです。完全遮光の日傘を差してると、体感温度が全然違いますよ。

 

 

99%とかの意識低い日傘はダメ。100%のものを選びましょう!

1%だけでも全く効果が違います。

 

フィリピンの強い日差しでも、ちゃんと日差しをカットしてくれます。

 

 

外国で日傘を差したら目立ちそうだけど、フィリピン人で日傘を使ってる人は大量にいます。色白信仰が強くて、少しでも美白になりたい乙女心です(フィリピンでは男でも色白になりたがる)

 

 

なので、フィリピンでは堂々と日傘を使える環境です。

 

 

何故か空港のチェックで、折り畳み傘は没収の対象になってるので、機内に持ち込まずに預けましょう。私は新品の傘をマクタン空港で没収されて泣きました。

 

 

 

▼安いとフィリピンクオリティと変わらないので注意▼

2000~3000円くらいのが好ましいと思いますね。安いとちょっとした風でも台風みたいに傘が裏返りします。

 

日焼け止めクリーム

 

フィリピン人は美白化粧水はたくさんある割には、日焼け止めクリームの種類はそんなにないイメージです。なので、日本から持参するのが良いです。

 

 

日焼け止めクリームではないですが、フィリピンのコスメを使わせてもらったら、一瞬で水分が奪われてカサカサになりました。魔法にかけられたかのように、干からびました(呪)

 

コスメは日本の方が品質が高いです。間違いなく。

 

 

外国とかではSPF100とか恐ろしい数字の日焼け止めが売ってますが、癖が強い印象。ニオイや刺激が強くて塗り心地がなんかキモイです。日本の日焼け止めは、クセを抑えて作られていますね。

 

マメな塗り直しや、SPFを気にするだけでは日焼け対策は不十分です。日焼け止め以外の紫外線対策も合わせてする必要があります。

 

 

▼私は肌が白く見える日焼け止めを使用。フィリピンで売ってない▼

 

日焼け止めサプリ

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/horitsukiko/20190901/20190901210139.jpg

飲む日焼け止めも同時に使うと効果的です。

 

 

目とか耳とか日焼け止めクリームを塗れない場所をカバーできます。海とか入る予定の人に日焼け止めサプリはオススメです。

 

 

水に浸かったら日焼け止めクリームは落ちるし、海も汚れずに済むでしょう。

4時間に1回の服用で効果を発揮します。

 

 

 

絶対に肌を焼きたくない人にはヘリオケアは超良いですが、万能ではないので他の日焼け止め対策と併せて使用すると良いです。

 

 

ヘリオケアの詳細を別記事にしてます→【飲む日焼け止め】ヘリオケアを購入【口コミ】 - 極限美人

 

▼飲む日焼け止めの中で一番オススメ。美容外科で売ってる▼

 

▼デイリー使いや予算を抑えたい人はUSA版が良い。分かりやすく成分が半分なので、量が多いんですね。▼

サングラス

サングラス

瞳に紫外線が入ると、防御反応で全身が黒くなります。

なので、お目目の紫外線カットはサングラスをするのが一番です。

 

 

威圧感も増すので舐められやすい日本人は付けた方が良いです。

 

 

自分がお気に入りのサングラスを使用しましょう。安物だとUVカット機能がないので、ちゃんとしたものを買いましょう。色ついてるだけのサングラスは逆に紫外線を吸収してしまいます。

 

 

 

普段メガネをかけてくる人はメガネの上からかけられるサングラスもあります。ぶっちゃけデザイン性が低くて糞ダサいです。雰囲気が中国人のようになります。

 

中国人に間違えられたら舐められにくいと言われるので、自己防衛という点でも良いと思います。

 

 

マスク

マスク

UVカットマスクはかなり良いですよ。最初に書いた通り最強の紫外線対策は物理的な遮断です。

 

理屈で言えば、ヒンズー教のように全身布で肌を覆うのがベストです。

 

 

ヒンズー教に改宗する気がないけど、しっかり紫外線対策したい人はUVカットマスクがお役立ちです。マスクだと顔で最もシミができる頬の部分の紫外線対策ができます。

 

 

さらにフィリピンの場合は、排気ガスが凶悪で、道歩いてるだけで体調不良とかしょっちゅうです。黒い排気ガスは肉眼でハッキリ見えるし、苦くて味があることを知ります。

 

私はフィリピンで排気ガスを吸って、寝込むほど風邪を引いたことがあります。そのくらい強烈なのです。

 

 

現地のフィリピン人もマスクやハンカチを口元にあてて、歩いてるくらいです。

 

 マスクを持参すると、紫外線対策、排気ガス対策になるので有効です。

 

 

使い捨てでも良いけど荷物がかさ張るので、UVカットマスクを2枚以上持つことがオススメです。口物をガードするものなので、連続使用は不衛生です。

 

 

▼私は目立たないグレーを愛用▼

 

 紫外線対策は完璧

  1. 引きこもる(外に出ない)
  2. 布で肌を隠す
  3. 日焼け止めを塗る
  4. サングラスをする
  5. 日焼けサプリを飲む

 

上記の順番で有効です。身も蓋もないですが、そもそも日を浴びずに、室内にいることが一番の紫外線対策です。

 

フィリピンで引きこもりたい人は少数派なので、飛ばしましょう。

 

 

 ここまで徹底したら肌は焼かないし、全て実行したら見た目がとんでもないことになってるので、変質者対策もバッチリですね!

 

一番の防犯は「コイツと関わりたくない」と危険視されることですからね。

 

 

提案した紫外線対策は全て実行するのはキツイかもしれませんが、2~3つほど併せて実行すると有効です。