節約セレブ

年収200万円で年収600万円のような暮らしをする節約ブログ

30歳のメイクレッスン!年齢相応の今時な化粧を教えてもらった!

f:id:horitsukiko:20180608204541j:image

 

若作りBBAと言われるのに怯える日々を送ってるヒメネーです。

 

30歳を迎えたわけですが、

 

 

お化粧の方法が20歳の時から変わってないです。

 

 

何をどう変えて良いかわからない化粧迷子だったので、

 

プロの方に年齢相応のメイクを指導してもらいました!

 

 

 

 

 

 

自己流のメイクアップはテキトー

 姫姉さま

 

お恥ずかしいながらスッピンです。

 

これまでのメイクは自己流で何もかもがテキトーでした。

 

トータルメイク時間は5分で速さしか自慢がないです。

クオリティに自信なし。

 

いい年こいて今まで何をやってきたんだと怒られるのではないかと怯えてました、メイクアップ担当のお姉さんが優しく指導してくれました!

 

化粧水のパッティング方法から学ぶ

 

お肌を整えるところからはじめます。

 

化粧水をパッティングしていくのですが、コットンでペチペチと風をあおぐ程度の力加減でまず驚きました。

 

今までバシ―ンバシーンと相撲部屋のように全力でやってました。

多分お肌の細胞は死にまくっていたと思います。

 

パッティングのやり方でも違いすぎて驚きました!

 

化粧下地を塗っていく

化粧下地の塗り方も頬骨に沿って優しく塗っていきます。

 

私はこすりつけるように力強く塗っていました(笑)

やり方が全体的に男っぽいのかもと、この時になって思いました。

 

 

お姉さんの塗り方が優しいマッサージのようだったので、血行が良くなり目がぱっちりになりました。

 

アイシャドウはアイホール内を塗る!

アイシャドウは最初に濃い色を使ってアイラインを塗ります。

チップは思いっきり寝かせて使っても構わないことを初めて知りました。

 

そしてアイホールという目のくぼみ(骨)の部分にそって淡い色をのせていきます。

 

この時にアイシャドウをアイホールを超えて塗るのバブル感があふれてしまうらしいです。

 

今時のメイクはアイホール内におさめるのが良いらしいです。

 

自分でも試しに塗ってみましたが、何故か手が震えましたw

化粧何年目だよ!

 

アイラインは私はアートメイクが入ってるので、目尻だけ描きました。

 

マスカラとビューラーで目元ぱっちり

マスカラを根元からしっかり塗っていきます。

 

その後にビューラーでカールさせていくんですが、

頭を動かさずにビューラーを移動させてカールするのが良いそうです。

 

ビューラーが下手くそだったんですが、練習の甲斐があって上達しました!

 

普段まったく、まつ毛をカールさせないのですが、くるりんまつ毛だと、お目目が可愛く見えます。目チカラアップしますね!

 

アイブロウで目力が上がる

今までペンシルで眉尻を描き足す程度の適当っぷりでした。

 

3色パレッドで筆を使って、かなりしっかりした眉毛の描き方を教えてもらいました。

 

眉毛は薄いほうが、目力があがると思っていたのですが、

眉毛をしっかり描いたほうが目力がアップするようで別人のようでした。

 

自分では絶対にしないメイクなので、イメージ変わりました!

 

口紅とチークで仕上げ

チークは頬骨に沿ってポンポンと軽くつけていきます。

 

口紅は3色も使ってふっくら感を出しました。

 

筆で塗ったほうがキレイに塗れるんですね!

多分家だとめんどくさいのでしないと思いますがw

 

 

メイクアップ完成!

姫姉様

 

いつもより顔がりりしいです。

写真だとあんまり変化ないように見えるかもしれません。

 

いつも目元がアイシャドウで黒いんですがナチュラルでぱっちりです。

 

眉毛が濃いメイクがあんまり好きじゃないので、薄いのに戻しますが、メイクアップを習いに行って良かったです。

 

思いのほか私の普段のメイクは、そんなに酷くないという自信を持てました!

 

 

「年齢相応の今時のメイクを教えてくれ」って頼んだのですが、今時のメイクが私の好みでないことを忘れてました(笑)

 

モードすぎてモテなさそうって思ったのです!

 

今度は男性目線のモテメイク指導をされたいと思いました!