極限美人

モノに頼らず美人を目指すブログ

スポンサーリンク

冬服を断捨離!南国移住に向けて残した服について

冬服断捨離


南国への移住に向けて冬服を全部手放しました。

 

もともと一年中、常夏ルックのTシャツで過ごしたい願望が強かったです。

 

2019年は冬を捨ててしまいたいと思ったので冬服を全て手放しました。

 

 

今回は手放した服と残った服について振り返ってみました。

 

手放した冬服

 コート類

コート類は全部手放すことにしました。

 

挫折した時に備えてクリーニング屋の保管サービスを利用して預けて貰うことも考えました。

 

  • アウターがボロボロ
  • ボタンが多い服が好きじゃないことが判明
  • 次がノーカラーコートにしたい

 

上記の理由から、一旦リセットすることにしました。

 

自分のなかで実は好みでなかった服を手に入れたら勿体ないから着続けてしまうんですが、保管料払うほどの愛着がなかったので、今回手放す決心がつきました。

 

ウルトラライトダウン

ウルトラライトダウンは手放す気はなかったんです。

 

けど、長年使ってるせいで微妙に黒ずんで洗濯しても汚れが落ちなくなりました。

 

ちょっと恥ずかしいという理由で今回泣く泣く手放すことにしました。

 

もし次回必要だと思ったら、ダークカラーでロング丈のウルトラライトダウンにしたいと思います。アウターは長いほうが見た目がカワイイと思います!

 

化学繊維のインナー

化学繊維のインナーやタイツを全部捨てました。

何年も着てたので、よれていたのもありますが、化学繊維は臭くなりやすい気がします。

 

無難にブラックばっかり選んできましたが、黒は同化するので、どれがどこにあるのかわからなくなり、余計に買い物してしまう気がします。

 

次回インナーを揃えるなら、通気性が良いコットンやシルクにしたいです。

色もネイビーとかブラウンとか見分けがつくものを選ぼうと思います。

 

断捨離の末に残った服

 コットンのTシャツ

通気性が良くて安いコットンのTシャツが着やすいです。

自然素材なので臭くなりにくいです。

 

夏場とか汗をかいて1日2回着替えることがよくあるので、乾くのが早いコットンのTシャツを重宝しています。

 

インナーを気にしなくても良いように、色付きのものを今回多めに選びました。

 

あと寝間着やスポーツウェアとして使っても申し分ないとこもナイスです。

 

 

ラッシュガード

  • UVカット
  • 防寒
  • 露出セーブ

このような理由からラッシュガードを残しました。

 

カーディガンでも良いのですが、素材がウールで直接ワキに当たって、エキスを吸ったらイヤだと思ったので、罪悪感が薄くて安いラッシュガードを残しました。

 


スニーカーに合うワンピース

ワンピースをいっぱい持っていたんですが、厳選しました。

コンバースのスニーカーとでも合うかどうかで絞りました。

 

これからの人生ハイヒールをあまり履かないで生きていきたいと思っています。

自然とドレッシーなワンピースは淘汰されていきました。

 

これからはカジュアル路線で生きていきます。

 

シルクのパジャマ

Tシャツで寝るのは女子力が低い気がしたので、シルクのパジャマを残しました。

 

寝間着を全てシルクのパジャマにするのは贅沢すぎるので、洗濯して乾いてない時はTシャツに甘んじようと思います。

 

肌がしっとりキレイになるし、サラサラの手触りで気持ちイイし睡眠の質がアップするのでシルクのパジャマはオススメです。

 

めちゃくちゃ高いですが、3年くらい着ててまだ着れそうです。

 


ジーンズ

正確にはレギパンです。

 

自分の中でジーンズファッションが一番似合うと思ってます。

 

南国ではTシャツジーンズファッションが定番らしいの現地に馴染むためにもジーンズを残しました。

 

さらにキャップを被り、スニーカーで街を闊歩して、ガムをくちゃくちゃ噛みながら、サングラス越しで世界を見ようと思います。

 

夏服だけだと荷物が少ない

南国に永住してやるという強い意思もビジョンも持っていないです。

予定通り行かなくて日本に帰ってきたら、また冬服を買えば良いかぐらいで軽いです。

 

お陰でほぼ夏服だけになったのですが、キャリーバッグの中がスカスカで、冬にアメリカに旅に行った時よりも荷物が少なくなりました。

 

一回冬服を全部手放して、一年中、常夏で南国暮らししてみたいと思ってたので嬉しいです(・∀・)