極限美人

モノに頼らず美人を目指すブログ

スポンサーリンク

【脱毛】ムダ毛は早めに断捨離するべき【日本】

ムダ毛の断捨離


 

脱毛が大好きな姫姉様です!

海外から日本に戻って来た理由の一つに脱毛をするという目的がありました!

 

今回は脱毛に対する思いを書きます!

 

 

 

脱毛に執着してる理由

全身脱毛してる訳

私は全身脱毛をしてる最中です。2回目で完全に自己満足です。

 

異性にモテるためだったら、ムダ毛が多少生えてても良いんです。

 

けどムダ毛が生えてないスベスベのお肌に私は憧れてるので自分のために脱毛をやってます。実は理想とする自分像がハードルが高かったのです!

 

女性だったらウルウルスベスベ肌であるべき!少なくても自分はそうあって欲しいという願望が人一倍強いので脱毛を再開させました!

 

フィリピンの脱毛事情

私はフィリピンにしか詳しくないので、フィリピンの脱毛事情を書きます。

 

フィリピンでは、ウデ毛や、アシ毛はナチュラルに放置です。ファサ~です。その代わり陰毛は剃ってるらしいです。どちらも宗教の関係らしいです。

 

ウデ毛を放置して良いなんて、ラクチンで羨ましいと思う人もいるでしょう。しかし私は自分がフィリピン人だとしたら神や自然に背いてでもウデ毛を処分したいですね。

 

理由は美しくないからです。自分が美しくないと思ってるものを生やしっぱなしにするなんて考えられませんね。

 

最初のVIO脱毛では変と思われないようにVを残してましたが、やっぱり見た目が汚いという理由で完全処分しました。Vの陰毛は世間の目を気にする自分の象徴のようでした。

 

自分が美しいと思うデザイン(ツルツル)にして大満足です。肌触りも赤ちゃんみたいで本当にカワイイ!

 

自分の股間をカワイイと言ってるなんてクレイジーですが、無毛だと本気でカワイイと思いますよ!

 

陰毛に関しては男性でも彼氏なしのヴァージンでも陰毛は剃るらしいです。

 

「日本人のほとんどは股間がジャングルだよ」と英語で言ったら「Daty!(汚い」と嫌悪の表情を浮かべました。陰毛の処分は世界的なエチケットです。

 

世界基準に合わせるために留学前に脱毛をやっておけば良かったと言ってる子が結構多かったです。

 

海外の脱毛マシーン

私が知らないだけかも知りませんが、レーザー脱毛や光脱毛は海外ではあんまり聞かないです。ブラジリアンワックスが主流ですかね。

 

ワックス塗って、一気にはがす奴です。ベリベリベリベリ

 

途上国では脱毛マシーンなんて気の利いたものありませんよ。風の噂では脱毛はタイは安いらしいです。

 

先進国だとあるとは思いますが、わざわざ物価が高い国で脱毛をする意味が分かりませんね。肌が頑丈な白人基準のレーザーを浴びたら死ねます。

 

いまは肌がデリケートなアジア人のため脱毛マシーンがありますが、昔は死ぬほど痛かったんですよ。「ぎえぴー」ですよ。

 

ムダ毛に優しい時代になってきました。

 

日本人だったら日本で脱毛をやってしまうのが賢いと思いますね。

 

脱毛は日本で早めにするべき

「脱毛したい」と思って金をいくら積んでも、一瞬でムダ毛は0になりません。地道に通って、ドンドン数を減らしていくものなんです。

 

昔は毛穴を一個一個潰していくニードル脱毛がありましたが、面倒くさく痛いので絶滅しかけています。

 

今後の時代はどんどんグローバル化していくし、日本の脱毛の値段は安くなってるので、早いうちに取り組むべきだと思いますね。

 

日本に帰国して脱毛を再会して、よりスベスベになって海外に戻っていきたいと考えています!完璧を目指したら1年以上かかるので長い道のりです。

 

 

オススメの脱毛サロンとクリニック

脱毛サロンやエステは星の数ほどあります。

 

  • 脱毛サロン⇒安い、痛くない、効果はライト
  • 脱毛クリニック⇒高い、痛い、効果が高い

 

クリニックでいきなり医療レーザー脱毛するのがベストですが、痛さで死ねる人や予算的に厳しい人もいるでしょう。

 

なので各人の予算とニーズに合うように良かったサロンやクリニックを紹介しましょう。

 

 

 大阪だったら大阪ビューティークリニックの全身脱毛が激安です。10万円でできます

 

 

 

全国だったら 湘南美容クリニックが通いやすいです。

 

友達紹介できますので、興味がある人はメールをください。メール

公式サイト⇒湘南美容外科の脱毛表

 

 

▼役に立ったり共感してくれたら、応援クリックしてくれると励みになります!いつも押してくれている方ありがとうございます♪

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村