魔改造ミニマリスト

アンチエイジングが趣味のミニマリストのブログ。美容クリニックで自らモルモットにして実験検証。持ち物は安くて良いものを紹介。

スポンサーリンク

ソフトとハードを比較!キャリーバッグの2台持ち!

グルフィンランドのキャリーケース

 

キャリーバッグを2つ持つことにした姫姉様こと堀居みきです♡

 

ミニマリストのくせにキャリーバッグを2つ持つことにした理由を今回書いていこうと思います!

 

グルフィンランドのキャリーケース

 こだわり

私の持ってるキャリーバッグは2つとも【GRIFFIN LAND(グリフィンランド)】の物です。

 

ハリー・ポッターっぽいのでイギリス製品かと思いきや、普通に日本の会社です。私はこのほぼ無名に近いグリフィンランドのキャリーケースを2台持ってる理由は以下の通り。

 

  • 値段が安い(余裕で1万円以下)
  • 圧倒的に軽い(機内持ち込みは約2㌔)
  • 利便性が最高

 

つまり圧倒的なコスパの良さに惚れてるのです!

 

一般のキャリーバッグは3キロを超えてるものがほとんどですが、1キロも差をつけてるのがすごいです!驚異の2キロ!すごい!

 

 

私はLCCで追加料金を払いたくないので、重量は重要です!もれなく待つのも大嫌いだから、絶対に機内に持ち込みたいマンなんです!

 

LCCで追加料金を払いたくない人間なんぞケチに決まってるので、キャリーケース本体のリーズナブルさも重要で大満足の一品です!

 

上等な安い日本製のキャリーバッグを買えるのが最高です!

 

 

ハードキャリーケース

グリフィンランドのハードキャリーケース

 

最近買ったグリフィンランドのハードキャリーケースです!

 

驚異の1.95キロしかないハードタイプなんです!

 

ポリカーボネート製なので見た目に反して柔らかいのが特徴です。機内に持ち込みするし、硬さは関係ないです。

 

収納力

 

グリフィンランドのキャリーケース

中身は軽さを追求してるせいか簡素です。満足にポケットすらないです。

 

グルフィンランドのキャリーバッグの中身

 

容量は32ℓなんですが、実際に荷物を詰めてみると思ったより入りません(爆)写真の量でパツパツでした!

 

本当に荷物が少ない人向けのキャリーケースだなと思いました!

 

メリット

  • ポケットがない
  • 雨や汚れに強そう
  • 圧倒的に軽い
  • 見た目がクール!

 

私は海外に行くので対海外に強そうなキャリーバッグを探してました。

 

 

ポケットがないのはデメリットにもなり得るんですが、海外では変な薬物を知らない間に持たされて刑務所へ放り込まれる事件があるので、ポケットはないほうが安全なんです。

 

 

私が行先は途上国なんで、布でできたソフトキャリーバッグは、途上国のエキスが詰まった泥水を吸収しやすいんですね。いやだぁ(>_<)

 

私の愛用してるもう一つのソフトキャリーバッグはベージュなので、汚れが分かりやすくて大変でした。

 

 

なのでハードキャリーバッグなら汚れがついてもキレイにしやすそうなので、海外用として活用を決めました!

 

ソフトキャリーケース

 

グリフィンランドのソフトキャリーケース

布でできたソフトキャリーケースは●年も愛用してます!

 

重さが2.1キロで超軽くて、収納力がエグイのが魅力ですね!ポケットが多くて拡張可能なので、とんでもない量が入りますよ!正直最強!

 

 

最近にタイヤが割れてしまったけど、交換したらまだまだ使えそうです!

 

ソフトタイプの収納力

 

グリフィンランドのソフトキャリーバッグの中身

 

 

ハードタイプって観音開きだから、あんまり量が入らないんですよ。けどソフトタイプは前開きで、深さがあるので無駄なく収納することが可能です!

 

 

さらに蓋の部分に裏も表もたくさんポケットがあって収納しやすいです。荷物がパンパンになったらファスナーを緩めて拡張して容量を増やすことも可能です!

 

メリット

  • ポケットがある
  • 収納力がズバ抜けてる
  • めちゃくちゃ軽い
  • ソフトのほうが少し安い

 

ポケットに荷物を入れることができると、重要なモノを入れておくと、すぐに取り出されるのが魅力です。観音開きでポケットがないハードタイプだと空港で中身をぶちまける惨劇はあるあるです。

 

大事なものは別にリュックサックに入れておくことを推奨です。ただポケットがあると薬物を勝手に入れられるリスクが高まるので海外では不利ですね。

 

 

ソフトキャリーバッグは汚れや水分に弱いのがデメリットですね。暗い色にしたら汚れは目立たないですが、汚れがこびりついたまま放置もキモイですよね。

 

なので、ハードな海外旅行では劣化が激しくなります。安全でキレイな国内での使用に向いてると思います。

 

なので国内用としてソフトキャリーバッグを愛用する予定です。

 

海外に行く時に、日本用の荷物をソフトキャリーバッグに詰めて預けていきます。日本で使う時は衣服入れとして活用してます。

 

どっちがオススメなのか

ミニマリストじゃない人は、ソフトキャリーバッグのほうをオススメします。機内持ち込みサイズのハードキャリーバッグは一般の感覚では、短期旅行しか使えないと思います。

 

ソフトキャリーバッグのほうが融通がだいぶ利きますよね。

 

私も2つともハードキャリーバッグは収納がキツイなーと思います。なので最初に買うならソフトキャリーバッグのほうがオススメですね。

 

実際に買ってみて、ソフトとハードこんなに差があるとは思わなかったですね!

 

 

ソフトだとMやLサイズでも重さが3キロ以下なので、荷物が多い人に良いと思います。新幹線やバスの場合だとバッグの大きさは関係ないですし。

 

購入先

私は楽天のエフキカクという店で購入しました。

 

というのも、お買い物マラソンの初日に高確率で20%オフクーポンを配ってるからです。なので上手く活用すればポイント込みで5000円台で購入することも可能です。

 

タイミングを狙いましょう。

 

キャリーケースは数あれど、2キロに近い製品はほぼないので、グリフィンランドは断トツでオススメです!そして安すぎる!

 

 

 公式写真でもハードタイプ特有のカッコよさはあんまり感じないかもしれませんが(失礼)、写真よりも実物のほうが大分カッコイイです。

 

私はブラックを選びました!見た目スタイリッシュでお気に入り!

 

機能でソフトキャリーケースをべた褒めしてしまったけど、ハードはハードで魅力的ですし必要です。