極限美人

モノに頼らず美人を目指すブログ

スポンサーリンク

ミニマリストをやるメリット

ミニマリストのメリット

 

ミニマリストはメリットが大きいので、今回自分なりにまとめを書いてみましたぁぁぁ!


 

断捨離に目覚めたキッカケ

自分の部屋なのに、家族の不用品ばかりでモノ置き扱いになってるのがイヤで断捨離をスタートさせました。

 

キッカケはカレン・キングストンのお掃除風水という本です。部屋がキレイになっていくのが気持ち良くて断捨離ハイになった時期がありましたね。

 

部屋の片づけをするまで、自分の部屋が不用品だらけで汚いことに全く気が付かないくらいに美的感覚が狂っていました。

 

そっから歪んで「自分にとっての必要最小限はどのくらいなのか!?」とゲーム感覚でモノを減らして、次第にサバイブ化してミニマリスト云々より、ただの頭おかしい人になったこともあります。

 

 

一時期ミニマリストを辞めていましたが、少ないものでどんだけ生きていけるかという縛りプレイが相当好きなのが判明しました。

 

豊かさとか効率とか予算とか無視して自分がやりたいように必要最小限を追求しようと思いました。

 

 

ミニマリストをやってる理由

片付けが下手だから

私は片付けが超★下手です。

 

同じ場所に戻すなんて無理ゲー。

 

光の速さでモノを失くして、不審者の如くウロウロ徘徊するのが常です。

 

 

モノが多いと探すのが難しくなり、探しても見つけられなくて同じものを再購入する日常でした。

 

 

モノを探す時間と失くしたモノの再購入のお金を上手く活用できていたら、タワマンに住んでる人生の成功者になっていたことでしょう。

 

モノが少ないと片付けが簡単なので、だらしがないズボラーでも、おハイソっぽい生活を送れるので最高です。

 

お金のムダ遣いを減らす

  • 同じものを何度も使う
  • 少ない服で着まわしを上手くする
  • なるべくシェアして使う
  • 買い物に失敗したら早めに売る

 

子供の頃から小銭の管理が大好きでした。主婦雑誌の節約特集とか大好物ですね。

 

高校生卒業までお年玉しか、お小遣いがなかったので、わずかな予算でやりくりすることに必死な子供時代を送りました。

 

金がないと物が買えないですからね。物を買うお金がなかったです。

 

少ない物で暮らすのは子供時代に培ったサバイブ術でした。

 

お陰様で買い物でド派手な失敗や損害は記憶の範囲ではないです。

 

時間を作る

  • 買い物する時間
  • 掃除する時間
  • モノを探す時間

 

モノを減らすことで自由にできる時間を作ることに成功してます!

 

やりたいことが多いので1秒でも時間が欲しいですね。時間は有限ですし、モノに構ってる時間は減らしたいんです。

 

 

ちなみにモノを選ぶ基準は以下の通り。

 

  • 安すぎず高すぎない
  • いつでも買える
  • 壊れてもダメージがない
  • 実用的とデザインが兼ねている
  • コスパに納得できる
  • メンテナンスが簡単

 

そこまでモノに対して愛情とか執着はないほうかと思います。

 

カンタンに引っ越しするため

私の人生は引っ越しばかりです。

 

引っ越しは0円でしたいので、自分一人だけで運べる量に抑えています。

 

レンタルできるものはレンタルしたり、デジタル化できるものはデジタル化してますね。

 

「出て行って」と言われたら、すぐに荷物をまとめて、速攻で移動できる量にするようにしています。

 

キャリーバッグに荷物を詰めています。

 

空港でお金払うのがイヤ&荷物を預けて待つ時間がイヤなので根性出して機内持ち込みできる量で頑張ってます。

 

ただのケチです。

 

 合理的に生きたい

モノよりも自分自身に重点を置きたい気持ちが強いので、結果ミニマリストです。

 

  • アンチエイジング
  • ボディメイク
  • スキル(経験)

 

こちらのほうに全力です。

 

あとモノを少なくして生きるのがゲームみたいで面白いです。

 

夢は定住して家にお花やなんの役にも立たない謎雑貨を飾っちゃうシンプルライフに移行することです。

 

終わり。