極限美人

モノに頼らず美人を目指すブログ

スポンサーリンク

スキンケアはワセリンにしてる理由

ワセリン

 

日ごろの私のスキンケアはワセリンだけです。

 

今回はワセリンだけにしてる理由を書きますね!

 

ホームケアはワセリンな理由

コスパが良い

ワセリンは値段が安いです。

 

日本だと一番安いワセリンで300~400円くらいで、外国だと100円代で購入できます。

 

少量でも、かなり伸びが良く中々減りません。

1つ買ったら半年~1年以上は持ちますね。消費期限が長いです。

 

2年以上経ったワセリンは流石に変なニオイがしたので捨てました。

 

使える用途が多い

保湿性が高いんですが、全身に使えるし、傷のケアにも使えます。

毛先のケアやスタイリング剤としても利用可能です。

 

なんだったら着火剤としても利用可能でアウトドアでも活躍できます。

 

多機能なところが非常に気に入っています。

 

モノの数を増やしたくない

化粧水、乳液、美容液。

邪魔です。

 

美容品って追求しだしたら数にキリがありません。

 

オールインワンになってるものも売ってますが、ワセリンで事足りるならワセリンで十分です。

 

 

化粧水を信用してない

化粧水、乳液、美容液の一式を信用してないです。

肌は排出器官だから、栄養をちょっとやそっとじゃ吸収しないそうです。

 

私の美容情報は高須クリニックの院長中心に参考にしています。

 

高須クリニック院長:若いうちは放っておいても、水分も油分も十分キープできる。年とってきて水分が足りなくなったら、ちょっとだけ保湿してあげればいい。保湿といっても、特別な化粧品はいりませんよ。ワセリンでも塗っておけば十分。

 

高須クリニック院長:排泄器官なのに、いろんなものを塗りたくって、吸収しましょう! と言われても、肌も困っちゃう。基本的に、肛門の手入れと同じように考えればいいんです。

 

矢口真里のシンプル美容法に高須院長が太鼓判「肌と肛門のお手入れは同じでいい」 | 女子SPA!

 

 

だから有効な成分がたくさん含まれていたとしても、吸収しなかったら意味ないですよね。高須クリニックの院長がワセリンで十分って言うからワセリンだけにしてます。

 

ちなみに良い化粧水を使ってた時期もありましたが、ワセリンに変えても肌に変化がなかったのでワセリンを使い続けています。

 

美容部員よりも美容外科(医者)のほうが言うことが確実だと思ってます。

 

美容クリニックを頼ってる

化粧水をバシャバシャ塗るより、美容クリニックで注射やレーザーを使って利かせに行ったほうが良いだろうと言う考えです。

 

 

メディカル美容が最強です。

 

 

血管から美容成分をいれて、シミはレーザーで焼き払い、機械を使ってコラーゲンを無理やり増やしたりするのが確実です。

 

よくわからないものよりも、確実なことに金を出します。

 

なので美容はクリニックで外注して、普段はワセリンで激安ホームケアです。

 

ワセリンだけでも美肌

普段のケアはワセリンをベタベタ塗るだけで雑です。

美容クリニックも頻繁に行くわけではないですが、年齢のわりに肌がキレイだと思います。

 

肌がめちゃくちゃ頑丈で何があってもほぼ荒れません。

コンパクト、安い、長く使える、使える用途が多いワセリンが大好きです。