極限美人

ノマドなミニマリストから定住プレッパーを目指します

スポンサーリンク

電子書籍と紙の本の使い分け!

電子書籍とミニマリスト


 

本はもっぱら電子書籍が多い姫姉様です。けど紙の本を買うこともあります。

 

今回は使い分けについて書こうと思います‼︎

 

電子書籍にするメリット

 

速読機能を使える本

 

電子書籍を使う最大のメリットは音声読み上げ機能にあると思います。

スマホに記載されてる文章を読み上げてくれるツールです。

 

昔は読み上げが思いっきり機械的で、ぎこちなかったのですが、最近は性能が上がり、より自然に読み上げてくれるようになりました。

文章を読みあげてもらいながら目で追うと驚くくらい本を早く読めます!目で追わずに、ただ読み上げて内容を把握することもできるので便利です。

 

電子書籍は何度も読むタイプでない本に適してますね。

読書する時間の確保が難しいけど、本は読んでおきたい派なので、時間短縮に一役買っています。

 

 

場所を取らない

本をよく読むのですが、いかせん場所を取ります。

何冊も持っていたら、管理も持ち運びも大変です。

 

なので電子書籍に購入して、スマホやタブレットで保管します。

かさばることなく、本を大量に所有することができますね。

 

特に漫画は絵が多くて、巻数があるので電子書籍での購入があってます。

 

電子書籍だと探す手間が省けて、値段も紙よりも安いのでありがたいです!

 

 

紙の本にするメリット

内容が頭に入りやすい

今までの経験上、お勉強系の本は電子書籍は向いてないです。

電子書籍を眺めっぱなしは目に負担だし、どこぞの研究によると液晶画面越しで文章を読むことは、脳みそが認識しなくて頭に入らないそうです。

 

某エリート学校で教科書を電子化したら、成績が下がったので、紙の本に戻したそうです。

 

私も心当たりがあって、電子化された本で長時間勉強や暗記がうまくいかないと感じてる次第です。

 

 

そういうこともあって、なんども読み返して理解を深めたい内容に本は紙で買うようにしてます!

読むペースが落ちても、内容が頭に残りやすく、長時間の勉強ができるようになりました!

 

フリマアプリで売れる

紙の本はフリマアプリや古本屋で売ることができます。

新しい本だったら読んですぐに売ったら、元値とほぼ変わらない値段で売ることが可能です。

 

場所も取らないし、お金を回収できるのでおススメです!

 

電子書籍は一度買った、原則は売ることできないですからね。

 

読み上げ機能が使えない電子書籍、売れる見込みがある人気がある本、レアだけどニーズが高価そうな専門書は、紙の本で買って不要になったらさっさと売り飛ばして荷物を減らしてキャッシュに変えます。

 

手間がかかるのがデメリットですね。

 

人に貸し借りしたり、プレゼントにできるのも魅力ですね。

図書館で借りれるのもナイスです。

 

私は良いものはコレクションにせずに、シェアをして人に流すべきだという考えもあるので、本はあまり持たずに人に渡して流すように心がけてます。

 

 

 紙の本も電子書籍も両方使う

 本の用途によって使い分けています。

紙の本にも、電子書籍にも、それぞれ良いとこがありますからね。

 

 

これからも上手いこと使い分けができたら良いなと思いますね!