極限美人

ノマドなミニマリストから定住プレッパーを目指します

スポンサーリンク

【財布紹介】日本と外国用で分ける理由

長財布

 

私は財布を現在3つ持っています。日本用と外国用とで使い道を分けています。

 

今回は私が愛用してるお財布を紹介しますね!!

 

 デュアルライフのミニマリストの財布

薄い長財布は国内用

長財布

こちらの長財布は主に日本用です。通常の長財布よりもさらに薄いです。

 

カード入れが6枚だけで、専用の小銭入れがありません。

 

背面ポケットを小銭入れにしてますがお陰で出し入れしにくいです(笑)

 

長財布にしてる理由は、領収書をキレイに管理するためです。領収書を折るのはイヤですね。私はクーポンもかき集めるタイプのミニマリストなので、長財布のほうが管理しやすいんです。

 

クーポンやポイントカードは現金と同じだと思ってるので、100%使います。執念が違います。

 

ミニマリストと長財布

 

このお財布の素晴らしい点は、薄さではなく、ストラップが付けれるところです。

 

  • クラッチバッグのように使っても良し
  • ショルダーバッグのように使っても良し
  • 防犯目的でチェーンを付けても良し

 

財布にヒモをつけなかった時代はものすごい頻度で失くし探すを繰り返して時間を浪費していきましたが、紐づけることで紛失率が0%になりました。

 

おっちょこちょいに向いてます。

本革で値段も6000円以下で買えて良いバランスの長財布です。

 

ダメになったらもう一回買うと思います。

 

 

外国用の財布はコンパクト

外国用の財布

アジリティアッファのアルジャンというシリーズです。

値段が安いのに本革で品質が良くてストラップ付でお得です。

 

主に外国用のお財布にしていますが、途上国向きではないと思います。あんまり良い財布を使ってると窃盗の害に合いますからね。

 

コスパは良いとは言え、フィリピンでは良い財布過ぎる気がします。

 

フィリピンだとクレジットカードが使えないことが多いし現金主義で大抵お札はすでに4つ折りになっていて湿っていてシワシワのものが多いので、キレイに管理する気が全く起きません。

 

 

 

 

 

 

 

しかも、大きいお札を出すと「釣銭ねーよw」と返ってくるのが日常です。

100ペソ(200円相当)でも釣銭ないと言うのがよくあるので困りものです。

 

なのでフィリピンでは小さい金額のお金を大量に持つことが便利です。

 

 カツアゲ用のダミー財布

カツアゲ用のお財布

ダイソーで買った粗末な小銭入れです。 とっても途上国向きです。こちらはダミー財布です。

 

「金出せや!オラァァァ!」と外国でカツアゲにあった時のために差し出す用です。

 

 

お金を渡した後も生活が続くし、その時に0円だときついので、お金を分けて命をつなごうと思います。リスク分散です。

 

あまりに金額が少なすぎると、機嫌を損ねてやられてしまうらしいので、少し多めにお金を入れてゴマを擦っています。

 

ちなみに英語では「Only the life help!」「Please don't kill me!」で命乞いができます。覚えましょう。

 

 リスク分散は大事

外国

本音はスマホと財布を一体型にしたら一番コンパクトです。

盗まれたら一発で死ねるので危ないです。ただでさえiPhoneで狙われやすいのに。

 

 

そして経験上、スマホと財布一体型の財布は、劣化が恐ろしく早かったです。

なのでリスクヘッジを兼ねて、財布は財布で分けています。

 

財布でもスマホでも何でも紐をつけているお陰で、忘れ物や窃盗被害にあったことは日本でも外国でも幸いまだないです。

 

 

▼面白かったらクリックして応援していただけるとハッピーです(*^^*)

お陰様で50位以内に入ることができました!

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村