極限美人

モノに頼らず美人を目指すブログ

スポンサーリンク

冬服の断捨離

 

 

お気に入りの冬のベージュのワンピ。

私の肌の色味にあって、セクシーで良かったです。

暖かいし、スタイル良く見えて、色んな男の人に褒められてきました。

 

何回も着て少し古くなってきたけど、なかなか捨てれないでいます。

 

唯一残ってる冬服。これは日本で冬を過ごしたい表れかもしれないです。

 

グレーゾーンの男性

大阪にグレーゾーンの男性を残して来ました。

 

イケメンで性格もノリが良くて、仕事熱心で、独身という奇跡的な男性。絶対に女性にモテるタイプ。

 

すごくすごく優しくて、今回の勘当騒動でも、かなり助けて貰いました。

時期が時期なので彼の優しさが心に沁みました。

 

 

文句なしの彼ですが私のことはそこまでタイプでないと思います。

彼の中で私はアリかナシかで言ったらアリの範囲に入ってるだけの女なんだろうと思います。

 

大阪を出る前に付き合おうと言ってくれたら、迷うことなく真っ直ぐに日本に戻って来る決断ができるのに、元気に見送られて来ました。

 

 

男の人は惰性でも女と付き合えることを私は知っています。

素晴らしい方なので、ワンチャンを狙うのが賢い選択かと思います。

 

今までの恋愛遍歴

 

私は低い温度で低いテンションの恋愛を一回もしたことがないです。

情熱的なスタートを切ってラテンのノリの恋愛しかしたことないのです。

 

 

落ち着いて来た=冷めたと思ってアッサリお別れして30超えた今も独身です。

釣った魚に餌を貰えず、飢えて海に戻っていくパターンを繰り返して来ました。

 

 

今思えば愛情も大事ですが、性格が良い男性がいたら確保することが大事だと思います。

 

 

20代前半は魅力的な男性がたくさんいましたが、年を重ねていくたびに結婚して恋愛市場からいなくなります。

 

気付けば魅力的な男性は既婚者ばかり、年下の男性ばかりになって愕然とするものです。

 

ゆいいつ独身で残ってるのは、魅力的とは言えない男性ばかりになった時の絶望感がハンパないです。

 

性格が良い男性は貴重

 

性格が良くて、ちゃんと働いて良い男性はプレミアムなのです。愛情以上に性格は替えがないのです。

 

愛情うんぬん言わずに惰性でも付き合い続けたら、適齢期にとりあえず結婚して責任を取ってくれたと思います。

 

愛情がなくても、やるべきことちゃんとやってくれたら、それで十分だと今なら思います。

 

ペットを飼ったら最後まで面倒を見るタイプの人は良いですよ。

 

屋台から持って帰ってから金魚を可愛いとも思わなくても、とりあえず最後まで世話を見るタイプの男は、結婚後もそこそこ家事に協力してくれるでしょうし、離婚後も養育費ちゃんと払ってくれると思います。

 

 

そういう内面が良い男性を家族というチームに引き入れたら、心強いですね。

 

愛がなくても不自由なく大事にしてくれたら良いんじゃないと思います。

 

 

相手の細かい気持ちの揺れを察知できるほうなので、こういう時はやや辛いです。もっと鈍感か徹底的に打算的だったら、どんだけ良いことかと思います。

 

 

冬服を断捨離する

この記事を書いたのは2日前です。

 

ずっと悩み続けましたが、ワンピースを手放すことにしました。

これは淡い期待も手放すことを意味します。

 

私、この歳で失恋したくないです。もしくは、すでにしてるかもしれません。

 

もし縁があって日本で冬をまた過ごすことになったら、同じワンピースを買い戻すでしょう。

 

世界中のどっかで運命の人が待ってるはず。