極限美人

モノに頼らず美人を目指すブログ

スポンサーリンク

福岡に滞在

f:id:horitsukiko:20190323233145j:image

 

 

セブ島を目指す前に、私は福岡と沖縄を寄ることにしました。

 

どちらもセブ島側ですし、一気に回ったほうが安くつきますからね。

大阪から福岡を目指しました。

 

空港で寝る

朝が早い飛行機だったので、私は実家を出て空港で寝ました。

空港で寝るなんて可愛くないなーと思いつつ、明日から可愛く生きようと都合よく解釈して空港のイスで寝ることにしました。

 

毛布を空港で借りて、寝心地が良さそうなイスを陣取りました。

女性が集まって寝たほうが安全な気がしましたが、逆に女性が集まったら変質者が寄ってきて危険なのか判断に迷うとこですが、人が多いところで寝ました

 

キャリーバッグが盗まれないように、ストールで手首と結んでしっかりガード。

 

空港内の明かりはずっと消えることなく、ずっと明るいままでした。

そんな環境でも意外と寝れるものでグースカ寝れました。

 

いざという時は空港で暮らせるなと思ったら、生きていく気力が湧きました。

自分はタフだと実感できる経験は積み重ねるほど、前向きな気持ちになれますね。

宝物のように一つ一つ拾い上げて確実に自分のものにしていったので全然不安じゃなかったです。

 

そして朝イチの便で福岡まで飛んで行きました。

 

 

福岡の友人

福岡では友人の家に泊まらせて貰いました。

ちゃんとした布団で寝れるのが嬉しくなりました。

空港でも寝れるけど布団で寝れるのはハッピーだと思いました。

 

お友達とたくさんお話しできました。

 

糸島までドライブに連れて行ってくれたり、打ち寄せる波を眺めながらお喋りしたり、カラオケに行ったり、ご飯を食べに行ったり、私はとっても幸せでした。

 

私の幸せは、大事だと思ってる友達と一緒にいることなんだと教えて貰いました。

 

 

7000円の寿司

人生で初めて1人7000円もするお寿司屋さんに連れて行って貰いました。

 

私はスーパーの惣菜のお寿司ですらご馳走だと思ってる価値観なので、世の中に1人7000円もする寿司が存在することにも驚きました。実家を出たばっかりで、一食で7000円もする食事にお金を出す度胸が湧かなかったので、最初は私がセレブリティになるまで、待って欲しいと言ったんです。

 

けど、生きてるうちに体験してみて欲しいという友人の計らいで、ご馳走して貰いました。時すでにお寿司にならないように。昔は1円単位で家計簿をつけて節約していたけど、色々あった末にお金は使う時に使おうと思うようになったらしいです。

 

ご馳走してくれたことと、スペシャルな体験をさせようとしてくれる心が嬉しくて感激しました。

 

肝心のお寿司が本当に美味しくて美味しくて、雪のように溶けて、夢のように儚いお寿司でした。

思い出すと恋のように甘く切ない気持ちになります。

 

私は食にこだわりがなく、周囲もグルメがいなかったんですが、友達は美味しいご飯をいっぱい知っててすごく大人だなと思いました。

 

 

私がブルジョワジーになったら、友達がやってくれたように、ステキなお店を連れて行ってあげたいです。

 

 

自分らしく生きるGOサイン

 

友人以外にも色んな人と出会いました。

私は移動先でブログ読者に向けて、イベント開催します。

せっかくだしお話ししたいですよね。

 

皆さんとても暖かくて優しい人ばかりでした。

今回はあんまり人が集まらなかったんですが、私は少人数のほうが本領発揮ができると実感しました。

 

自分の強みを実感できたし、いっぱい褒めて貰えたので自信も貰えました。

 

自分らしく生きたら、それが良いと言ってくれる人と出会えるよと言ってもらえました。

 

実家を出るにあたって、私はほとんどのモテ服を手放してしまいました。

ステキな服ばかりでしたが、私はギラついたファッションが好きでした。

 

ヒョウ柄ストールに、サングラスをかけて、すんごい目立つ色の服は、とてもモテそうもないですが、私はすごく派手好きなんです。

 

万人ウケを狙わずにヒョウ柄をまとった私が好きになってくれる人と出会えるよと沢山の人に応援して貰えてとっても嬉しかったです。

 

服装以外にも、私の書く文章はすごく個性的でとんがっているので好き嫌いが激しいのですが、ファッション同様に万人ウケを狙わずに、少人数の面白がってくれる人のために書き下ろしたいと思います。

 

お世辞じゃなくて、本当に面白がって読んでくれる人を確認できて心の底から嬉しかったです。

 

 

ありがとうございます。

 

 

大衆受けを狙って小利口に振舞って得しようとするのを辞めます。

 

 

 

福岡ありがとう

福岡にいる時は私とっても幸せでした。

 

親に勘当された時は涙が出なかったのに、福岡で出会った人私をが肯定してくれて本当に嬉しくて涙が溢れそうでした。同時にここで涙を流しそうになる自分は本当に親不孝ものだと思いました。

 

赤の他人だから無責任に持ち上げるんだと毎回親から叱られてきましたが、私は好意は素直に受け取りたいし、自分はスペシャルな存在だと勘違いして生きて行きたいです。

 

 

世の中は最悪なニュースが多いし、信じられないくらいのクズもいるけど、人の善意を信じたいですね。

 

例え嘘でも、喜ばそうとしてくれた事実が私は嬉しいし、バカだと笑われても構わない気持ち込みで素直に喜びたいです。

 

福岡で沢山の愛をくれてありがとうございます。