節約時間セレブ

モノは少なく筋トレ中心の節約ブログ!

大学へ行って後悔した経験談。奨学金に苦しんでる

f:id:horitsukiko:20180314105014j:plain

どうもバカですー。

 

バカのくせに大学に行って非常に後悔しています。

 

若くてバカサイドの読者にバカな選択をさせないためにも、大学進学について書きたいと思います。

 

 

 

バカは大学に行く価値がない

アナタが東大とか慶応大学とか勉強できるタイプだったら、まだ大学に行く意味はあると思います。

 

有名大学以外の進学は正直微妙です。

 

「有名じゃない大学=偏差値が低い」ことが、ほとんどなのでバカの受け皿になっていることでしょう。

 

無名大学でも良い教育をしているところもあるかもしれませんが、4年で400万円かけるほどの価値はないです。ましてやバカへの投資ほど見返りは薄いです。バカだからです。

 

有名大学は、ブランド力と地頭が良い優秀な生徒たちに価値があるのです。

 

なので有名大学に入れるほどの学力がない子は大学以外の進路をオススメします。

4年と数百万円を犠牲にするならスーパーの裏で棚卸しているほうがマシです。

 

家が貧乏でバカは、ますます大学に行く価値がない

バカだけど家が金持ちなら何も身にならないのに大学へ行って、遊びまくっても別にいいでしょう。

 

金持ちの道楽ですから、どのように金で遊ぶかは、その家庭の自由です。

しばしの休暇をくれたパパンとママンに感謝しましょう。

 

 

問題は家が貧乏な場合です。

 

 

奨学金という制度を使って何とか進学する子は多いですが、「奨学金=借金」という認識をせずにお金を借りてしまってます。

 

大人になってから払えば良いと思いますが、大人になったら国民の義務で税金を払わなければいけません。これが高いのです。

 

給料から毎月2~4万円引かれるとイメージしてください。

若い皆さんは現在若いから税金が免除されているのです。

 

大学卒業して400万円くらいの借金がある段階でスタートするのはしんどいです。

そっから家賃や生活費を払っていくのは大変です。

 

奨学金を払えなくなって風俗へ行ったり、自己破産する先輩が社会問題になっています。

 

有名大学で奨学金を借りるならまだしも、無名大学で奨学金を借りて下宿するなんて愚の骨頂です。

 

大学生で遊ぶくらいならフリーターで遊んだほうが良い

大学生になったら遊び倒したいと思ってるヤングもいるでしょう。

サークル、合コン、旅行とかいかにも大学生って感じですね。

 

大学生でしかできない遊びはほぼないと思います。

 

社会人になったら遊べなくなると言いますが、ニートになれば無限に遊べます。

一番遊べる人種は金を持ってるニートです。

社会人でも遊んでる人は隙間時間をつくって遊んでます。

 

遊び倒したいのならば、大学に通いながら身にならない勉強をするよか、大学の学費400万円を資金にニートしながら遊んだほうが良いです。

 

また優秀な異性と知り合いたいのならば、大学生になる必要もありません。

有名大学の近くで学生がいっぱいいる場所でバイトをしましょう。

 

有名大学の人は全員が全員意識が高いわけではなく、京都大学のくせにコンビニでバイトをしてたり、居酒屋の店員をしてたりするので、知り合いになる機会はいくらでもあります。

 

最後に

この記事のバカ行為を全部やってる著者としては、いまだに何でなん大学に行ってしまったんだと後悔しています。

 

 

奨学金は今も払ってるんですが同じ払うなら、もっと別のことにお金を使いたかったです。

18歳の貴重な時間を、大学に捧げたのが本当にもったいないです。

私が進学した大学は無名で、偏差値の割には良い教育でしたが、どう考えても400万円の価値はないのです。

 

 

時間もお金も犠牲にしてしまって本当にバカみたいです。

 

大学進学の勉強じゃなくて自分一人で商売する勉強をやったほうが良いです。

 

高卒でも自分で生きていく道を築いていくほうが、これからの時代に合ってます。

 

勉強は学費以上のお金をペイできてこそ価値があると思うんです。

 

奨学金を借りずに親に学費を払ってもらって大学を卒業した友達が自由にお金を使いまくってるところをみると本当に羨ましいです。

 

学歴コンプレックスとは違う惨めさを味わう可能性があります。

 

進路はよく考えて選んでください。