節約セレブ

年収200万円で年収600万円のような暮らしをする節約ブログ

金かけて狙った感動に感動できない

f:id:horitsukiko:20180222122632j:plain



オリンピックで羽生結弦くんが滑り出そうとする時、私はそのタイミングで散歩へ行ってしまった。

 

知ってて出かけたのです。

 

羽生くんだったら素晴らしい演技をするでしょうけど、それを私が見て感動することに何の意味があるんだろう?と思って、いつでもできる散歩を優先させました。

 

帰宅したときには羽生くんは予想通り金メダルを取っていました。

 

 

自分がわざわざ感動する意味がない

ビックリするくらいに私はオリンピックへの興味が薄い。

 

まともにTVで見た経験は一度もないです。

見ればよかったクッソーと悔しい思いをしたこともなかったです。

 

私が大人気のフィギュア見てもフィギュアスケーターになろうと思うことはまずないでしょうし、羽生くんの熱狂的なファンになって応援しだすのなら見る価値はあると思います。

 

「ほう、すごい(^v^)」で終わっていく淡白な自分が簡単に想像できます。

 

じゃあ見なくていいよね、ってなって見ないです。

意味あるかないかで物事を極端に判断するところがあります。

 

偶然ニュース番組で羽生くんの滑りが映りましたが、想像通り良かったです。

 

どっちかと言うと銀メダルの宇野くんの意味不明な発言のほうが衝撃がありました。

自分がこんなんだから予測の斜め上を超えていくエキセントリックな人に興味はあります。

 

わざわざ感動することに意味を感じない

  • 素晴らしい観光名所に足を運ぶ。
  • 高コストの花火。
  • 猛特訓したプロによるショー。
  • 思い出作りのための強制参加の修学旅行
  • 全米が泣いた感動映画

 

感動させてやろうと狙って作られたものに価値を感じないんですね。

 

感動するためにお金払って感動しに行っても、感動の先に自分が何も生み出せないなら意味ないと思いますし、感動に対して高コストかけることに違和感を覚えます。

 

感動という感情が特別視されすぎている気がしますね。

 

意味不明なところに感動をする

  • 素人が自腹で作った誰も来ないオリジナルテーマパーク
  • 高校生の低予算かつ勢いだけの演劇
  • 偶然見つけた名前がないキレイな風景
  • 踊りながら募金を募集する若者
  • なぜ企画が通ったのかわからないB級映画
  • どんなクソアニメでも仕事を引き受ける大物声優の子安武人

 

私は上記なようなことに感動します。

 

意味不明なことにベストを尽くす謎の熱量に感動しますね。

わけわからん。けどすごい。もう哲学の域。

 

私だったら意味ないと思うし、予算の採算をとれないって企画を蹴りますね。

 

プロが手掛けたお金をかけて狙って感動させるのは外道な気がするんです。

感動して当たり前。感動の裏側に見える資本主義がいやらしいです。

資本主義は否定しないけど、感動と絡ませるのは私の中で違うんです。

 

最後に

f:id:horitsukiko:20180222083743j:plain

感動は金じゃないと言いつつ、感動が安売りされているような気がします(矛盾)

 

感動するために色んな感動するものを漁って感動している人の心を美しいと思えないのは何故だろう。

 

 

★関連記事★