節約時間セレブ

モノは少なく筋トレ中心の節約ブログ!

バチェラージャパン2の大予想スペシャルの感想!エピソード0!

f:id:horitsukiko:20171215124726p:plain

 

バチェラーJAPAN2の大予想スペシャルを観ましたー!!

 

予告編で大して面白くないだろうと思ってましたが、今回の参加者に全く期待していなかったのですが、予想を大きく上回って面白かったので記事になりました!

 

 

 

バチェラージャパンの簡単な説明!

イケメンでお金持ちの独身男性(バチェラーと呼ばれる)の嫁の座を巡って25人の女性が寵愛を得るために醜い恋愛バトルをする番組です!

 

お世辞にも品が良いとはいえない番組ですが、あまりの面白さにどハマりして、最終回にはバチェラーロスで真っ白になってしまうほどでした。

 

バチェラー2の小柳津林太郎さんの感想

f:id:horitsukiko:20171215125102p:plain

 

今回のシーズン2のバチェラーは小柳津林太郎さん。

おやいず りんたろう と呼びます。

 

勿論イケメンでお金持ち35歳でIT企業の幹部の超有望株です。

 

目がキラキラしたヒゲメンで、ハッキリ物事を言うタイプ。

キレイより断然かわいい派で芯が強い人が好みだそうです。

 

 

前回の久保さんはプロの八方美人すぎてサイコパスにさえ見えたので、林太郎さんのほうがまだ人間味を感じますね。

 

前作を観て素晴らしいと思って応募したらしいですが、前回のバチェラーである久保裕丈さんの疲弊しきった顔を確認した上で、よく応募する気になったな、と思いました。

 

 

バチェラージャパン2の女性陣の印象

公式のプロフィール写真の写りが悪いせいか可愛くない人が多く観る気をなくしていました。

 

  • 変人と呼んでほしい嬢
  • ダメ男製造機
  • こじらせ姫
  • 呪われた不運ガール
  • 馬と酎ハイと私
  • 結婚するために生きてきた
  • 石ころガール
  • 本当の愛を知っている宇宙人

 

うわっ・・・・(´Д` )

 

各女性につけられたキャッチフレーズです。

 

 

↓参考↓

バチェラー2、女性参加者20人を発表 写真・年齢・職業が明らかに<男性1人vs女性20人の恋愛リアリティ番組> - モデルプレス

 

前回のバチェラーも個性的でしたが、バチェラー2は違った方面の強烈な女性を集めてきたなと思いました。

 

前回の参加者はバチェラージャパンの最初だったのもあり、野心あふれる芸能関係者が多かったのですが、今回の参加者はバチェラーを確認した上の一般応募なので、変わり者が多くなるのも仕方ないのでしょう。

 

普通の感覚の持ち主は恐ろしくて無理です。

 

 バチェラージャパン大予想スペシャルの感想

f:id:horitsukiko:20171215125121p:plain

 

今回の司会者はナインティナインの矢部さん岡村さんです。

ゲストは柳原可奈子さんと高橋真麻さん。

 

矢部さん以外は前作のバチェラージャパンの大ファンで、3人だけで話盛り上がって、矢部さんだけボッチになることもしばしばでした!

 

バチェラートークで内輪だけで盛り上がってるの姿が本当に楽しそうで前作ファンなら「私も入れてくれ〜!!」とうらやましくなります!

 

 

そして今回の出演者に対して、

ま〜みんな好き放題に言いますよね!!笑

 

男が好きそうとか、こういうとこが良くないかも、とか言いたい放題ですよ!

 

f:id:horitsukiko:20171215125220p:plain

 

さらに早稲田大学の恋愛を研究している教授まで登場して参加者を分析させているのが面白かったです!

 

「頭の回転の速さはそれほどない」とまでハッキリ言うから失礼すぎて面白かったです(笑)

 

バチェラー2で誰が選ばれるか予測

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/horitsukiko/20170323/20170323143813.jpg

今回はめちゃくちゃ難しいですねー。

 

前回の蒼川愛さんのような、圧倒的な存在感を放つ女性がいないですねー。

 

前作は自分の恋愛を自慢する女性が多かったんですが、今回は恋愛の不幸を正直に話す女性が多いのが気になりました。

 

あと自分を語る時に自分の話に爆笑してる人の多さも気になりましたね。

 

 

恋愛に誇りを持ってる女はウザいですが、恋愛の不幸を正直に話す女も自分を安売りしすぎてダメです。

 

あと自分語りで自分で爆笑してる人って他人の話を聞けない人が多い気がします。

 

笑いのツボが自分だけで、他人の面白話を面白いって認識できないんですよ。

 

 

会話が独りよがりで、勘が良い男性だったら早いうちに線を引きますね。

 

 

倉田茉美さんは男受けが良いルックス

 

f:id:horitsukiko:20171215125238p:plain

 

地味目でリス顏の倉田茉美さんは男受け良いですよね。

 

イラストレーターという職業もおとなしそうでイメージが良いです。

いかにも童貞が好きそうな設定です。

 

アップより引きで見た方感じが清楚で気取ってない女性という感じで男性に好まれる見事なさじ加減です。

 

 

職業がイラストレーターでクリエイティブ業の人、特有の不幸はネタだ!というポジティブな姿勢は恋愛面で見たら微妙です。

 

職人気質なんですが、何でも芸の肥やしにしてやろうっていう心意気って全くセクシーでないですよね。

 

クリエイターとしては素晴らしいですが、恋愛中でも変わらなかったら、クリエイター以前につまらん女だなと思います。

 

 

対バチェラーに対しての態度が見ものです。

男性の前でも私はクリエイターという風をビュンビュン吹かせていたらダメだと思います。

 

普通にしていたら、かなり良い線行くと思います。

 

 

大野愛友住さんは見た目ほんわかの中身ナイフ女子

 

f:id:horitsukiko:20171215125301p:plain

 

大野愛友佳さんも本命候補と言われてますが、23歳で現実主義を自称する女性って、所詮23歳だから持ってる統計が少ないのもあって見通しが甘いことが多いです。

 

 

後ろ向きなことが現実だと思い込んでることが多いですね。

 

気が強そうなコメントを残していますが、メンタルは年相応だと思います。

最初は良くても、最後グダグダになるタイプではないかと分析。

 

こういう性格の女性って周囲に舐められまくった結果、舐められまいと発言がとんがってることが多い気がします。

 

発言と自分の芯の強さがともなっていないから、余計に侮られると結果になると思いますが、そういうパターンが多い。

 

岩永幸子さんは一番美人 

f:id:horitsukiko:20171215125524p:plain

 

 

岩永幸子さんが消去法で残りそうな予感がします。

 

ヘルシーホームパーティークリエイターという謎職業でダントツで美人ですよね。

 

ダメ男製造機を不特定多数に見られる番組にて自称するくらいなので正直者なんでしょう。

 

性格が良く見た目も抜群に良いので、視聴者人気は間違いなく高くなると思います。

今回の女性陣は癖が強すぎるので、よっぽど誰もいなかったら岩永さんが選ばれると思います。

 

とりあえず花嫁候補として選ばれるけど、その後の恋愛を継続させられるかはまた別問題ですから。

 

安藤きらりはダークフォース

 

f:id:horitsukiko:20171215125541p:plain

 

ダークフォースですが安藤きらりさんは電波すぎて頭逝っちゃってますが、ハマったらハマると思います。

 

好みでない限りは終盤で残るタイプでないので、残っていたらアリだと思います。

 

安藤きらりさんの電波ぶりを林太郎さんが「芯が強いユニークな女性」と解釈するかもしれません。

 

まず林太郎さんの生活圏に絶対いませんので斬新です。

 

 

きらりさん自身の癖があまりに強いので選ばれるとは断言できませんが、私の予想では林太郎さんも大概変わってる気がするので選んじゃいそうな気もせんでもないです。

 

 

前回のバチェラーの久保さんの方が人を見る目がありますが、今回の林太郎さんは、あんまり人を見る目がないと思います。

 

なんせ前作のバチェラーを素晴らしいと思って自ら応募するくらいですからね。

 

経営者で自分の名前を売りたい場合にバチェラージャパンに出演するのはアリだと思いますが、林太郎さんがバチェラーに出るメリットってあんまりないと思います。

 

 

裏で金をもらってる説はないと思いますね。

 

 

バチェラーに出演することは一般人男性でも1000万円積まれても考えますよ。

最初から金持ちである男性が金目当てでバチェラーに出るメリットは0ですね。

 

バチェラージャパン2はカオスの予感!!

前回は野望と独占欲が強い女たちがガツガツしてて面白かったのですが、

 

今回は善良な変な人が多い印象なので、恋愛のドロドロではなくて、エキセントリックな行動と発言で視聴者をブンブン振り回してくれるのではないかと楽しみにしてます。

 

まだ始まってないのに十分楽しめました。

来年が楽しみです。

 

 

★関連記事★

 

 

 ★前作の感想★