読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時間セレブ

効率よく自分の時間を作って人生を楽しむためのブログ

何だかんだで多数派は強いと思ったこと

女の友人に登山が趣味の子がいます。海外に登山留学するほどガチ
「山ガール」と呼ぶにはぬるいですね。「登山家で性別が女性」の方がしっくり来ます。

 

f:id:horitsukiko:20150611213546j:plain

 

山ガールの流行について


山ガールが流行る前から山を登ってた彼女から見たら、山ガールの流行はさぞふざけてるように見えることだと察します。

 

 

「山を舐めるな!!山の神がお怒りだ!!

祟りじゃーーーー!!ふんがーーーー!

ドンドコドンドコドンドコドンドコ」

 

 

と怒り狂ってることでしょう。

まるで仲間由紀恵さん主演ドラマの「トリック」の村人のように…!

 

 

ちなみに記事全体的に文字数が足りないから仕方なく「ドンドコ」と書き足した。意味はないです。

 

利用者が増えて変わること


実際のところは【ガチ山ガール】の友人いわく

 

「登山する人が増えたお蔭で便利になった」と穏やかなコメントが。

 

 


バスの本数が増えて、山道が整理されて、登山用品店が増えて買いやすくなったとか。

 

登山関係の仕事の人は「この山バブルがいつ弾けるか」と怯えてるらしいです。

需要が高まると便利になるんですね。

理由が流行ってるからというミーハーな感じでもありがたいようです。 


すごい当たり前のことですが「多数派である」って強いんだなって、その時改めて思いました。

 

 

※この記事がある日なくなってたら、友人に怒られたってことです。

※ブログ更新がなくなったら、富士山の五合目辺りで埋まってるかもしれません。助けに来て下さいね。