時間セレブ

効率よく自分の時間を作って人生を楽しむためのブログ

ズボラー向けの面倒くさがりのための通帳家計簿法

全国の金の管理が面倒くさい皆さん、こんにちは!姫姉様です!

今回はズボラーのために簡単なお金の管理法を編み出しましたよ!

 

f:id:horitsukiko:20150625174421j:plain

 

 

目次

 

家計簿が続かない理由は面倒くさいから

レシートを集めたり、家計簿に書き込んだり、アプリでちまちまやるのはダルイ。

ストレスでパーッと金を使いたくなります。面倒臭いことは挫折します。

 

家計簿を買って満足したり、レシートを大量に溜めるだけ溜めて放置したり、最初だけ頑張って飽きてほったらかしにしてることでしょう(決めつけ)

 

そこで通帳を家計簿として使う方法

月の初めに予算内のお金を引き出します。例えば5万円だとしますね。

6月は45624円を使いました。残りのお金は4376円です。

7月分のお金を引き出しに行く時に、6月に使ったお金を一旦銀行に預けます。

 

通帳に4376円が刻まれて、6月に使ったお金を把握できます。

そして7月分の予算の5万引き出します。

 

これを月の初めに繰り返すのです。カンタンでしょ(・∀・)

 

挫折するのは細かい現金が原因です。

クレジットカードで買えばカード明細から何に使ったか把握することが可能です。

大きい買い物をする時はクレジットカードで払う人も多いでしょう。

小銭の管理が一番挫折する

 

ダイソーで軽石を買ったとか、セブンイレブンでドーナツを買ったとか、ローソンでコピーとったとか、そんな小さい金額の管理はしてられません。

めちゃくちゃ面倒くさいです。

 

細かい金額はいちいち記録せずに、自分で決めた予算内でやりくりした方が良いです。

 

ポイントや金券は予算にカウントしない。

ポイントや金券を予算としてカウントするとトリッキーなことになります。

金の管理が出来ないズボラーな皆さんにとって扱いきれないものです。

なのでポイントはボーナスみたいな扱いをしましょう。

 

日頃がんばってる自分へのご褒美★だと思って自由に使って下さい。

自分に激甘いだらしない皆さんにとっては中々良い話だと思います。

 

何のために家計簿を付けるか

お金の流れを知るために家計簿を付けます。

しかし次第に「家計簿をつけるための家計簿」になってしまって挫折してしまいます。

目的を見失ってしまってはいけません。

完璧は目指さずに大まかに把握してれば良いのです!

 

通帳管理法は頑張る(?)のは月に1回だけなのでラクですよ。

記帳するのはATMの仕事だし、通帳を見れば全部分かります。

自分で試しにやってみたら、かなり良かったです!

自信を持ってオススメします!

 

お金の使い方は年間で予算を考える

月間じゃなくて年間です。月間で決めると予定外出費の時に融通が利かなくなって、本当に使わなければいけないタイミングに使えない恐れがあるからです。

 

年間の予算を決めたら、あとはひたすら引き算するだけです。

例えば年間予算が400,000円だとしたら、そっから使った分だけ引けばいいのです。


交通費、医療費、交際費も込みでお金というお金は引いていきます。
固定費を含めるかどうかは好みで良いです。
私の場合はカウントは面倒くさいので固定費は抜いて考えてます。

 

クレジットカードを使ってる人ならば、カード明細を見て引き算したら楽ですよ。
クレジットカードでの支払いに執着するレベルでやれば良いです。
使用するクレカは一枚限定にしておくことです。

 

お金を把握できない、家計簿も満足につけられないのに、クレカを複数使いこなすなんて出来っこないに決まってます(決めつけパート2)

 

雑な管理方法ですが、お金の流れを把握するという点で十分です。
とにかく続かない人はぜひ挑戦してみて下さい!予算は少し無理目の金額にすると良いですね!

 

予算オーバーしそうな場合

予算オーバーしそうな場合は私は予算オーバーしてでもやり切った方が良いと思います。何にお金を使うかにもよりますが、失ったお金は回収できますが、過ぎ去った時間は回収できません。

 

その瞬間しかやってないイベントや、導入することで効率が良くなるアイテムの購入ならば赤字になってでも購入すべきだと思います!後の反省会で予算オーバーした追及を考えましょう!

 

★関連記事