時間セレブ

効率よく自分の時間を作って人生を楽しむためのブログ

就職活動はコネが最強だと思った話

意外と思われると思いますが、私は大学生の時に就職活動をやっています。

今回は就職活動のお話をします!

f:id:horitsukiko:20151013170951j:plain

 

就職活動に向けての活動

大学3年の秋に就職活動をスタートさせました。早く動いた人が有利だという話を聞いたからです。たくさんの会社に面接を受けながら、資格を取ったり、学校で面接の練習をしました。

 

当時は就職氷河期と言われてたので中々内定までたどり着けませんでした。

複数の会社から落とされるのは心が痛いです。手応えありと思ったら一次面接で落とされたり、思うようにはいきませんでした。

 

大学の友人たち

一方大学の友人達はのんきなもので、私がこんなにせかせか動き回ってるのに、就職活動を一切してませんでした。

何社に行ったかと聞くと、いつも「0」と帰ってきました。

いいのか、それで!?就職活動を舐めてると当時はムカっとしたものです。

 

一年後内定をもらう

100社くらい面接に行って大学4年生の夏にやっと内定が貰えました!

この時はすっごく嬉しかったですね。

 

大学の友人たちに内定を貰えたと報告すると、なんと友人達も内定を貰ってました!

 

いつの間に就職活動をしたんだ!?と聞くと、一人は親のコネで、もう一人は友人のコネでした!

しかも私が内定を貰った企業よりだいぶ良かったです(;・∀・)

世の中不公平だと思いました。

 

 

内定を貰ったが断わることにする

せっかく内定を貰ったのですが、会社の評判が良くないから、入社は辞めた方が良いと言われました。悩んだ末にお断りしました。あんなに苦労したのになぁ。

 

また就職活動しなければならないと思ったらブルーでした。

別の日、お母さんの当時の彼氏が大企業勤めだから紹介してあげようかという話が舞い込みました。コネです!!!!!!

 

やりたい仕事でないのと、辞めた時に申し訳ないという理由で断りましたが、私はこの時にコネが最強であると学びました。

 

就職活動の思い出

結局内定を貰えず大学卒業しましたが、その後、適当に応募した求人であっさり正社員になりました。一瞬で辞めましたが。大学の時に内定が取れないと人生が詰んでしまうと思ってましたが全然そんなことなかったです。

 

コネが最強であるということは今も思ってますが、就職活動自体は沢山して良かったと思います。色んな就活生と出会ったこと、様々な会社で面接したことは本当に良い経験でコミュニケーション能力やメンタルが鍛えられました。

 

学校の授業よりも勉強になりましたし、辛いこと多かったけど楽しかったのです。

 

★関連記事★