時間セレブ

効率よく自分の時間を作って人生を楽しむためのブログ

身辺整理が出来てない奴が死の覚悟を語るな!

●14/07/07の記事

人は死ぬ。

f:id:horitsukiko:20141211201756j:plain

 

死からは逃げられない

 

死は常に背中合わせ。いつか死ぬことは絶対的な事実。自然の理。

なのに、私たちは死ぬことをイベントのような扱いをしています。

 


死は日常です。毎日死ぬ可能性があるんです。
明日が必ずあるとは限りません。

誰かが死んでるニュースが毎日のように流れているのに、それでも死は自分と関係ないように傍観しがちです。

 


たまに死について人と語ります。

 

身辺整理できてないのは死ぬ危機感がない


ただし、物がごちゃごちゃ多い人が死ぬ覚悟を雄弁に語っても私には響きません。


本気で死ぬと思っていないと判断を下します。

本当に死ぬことを考えたら、生きてるうちに身辺整理すると思います。

 

 

見られたら恥ずかしい物とか、

片付ける人の負担とか考えてないから、

大量に所持できるんだと思うんです。

 

決して物を大量に持つマキシマリストを責めてる訳でないです。
マキシマリスト(ミニマリストの逆の必要最大限主義のこと。語呂が面白いので使ってる)

 

 死ぬ死ぬ詐欺

 

「私は死なん」と言ってるなら、物を大量に所持してても違和感ないけど、
「明日死んでも後悔しないように生きる」とカッコ良く言われても、身辺整理できてない人が言ったら、言葉のファッションなんだと思います。

 


物を処分しないという点で、明日も生きてる気満々だし、「死ぬ死ぬ詐欺」に当たった気分になるのです。

 

やっぱりいつか死ぬ


もう一回言いますが、みんないつか死んじゃうんです。
もちろん姫姉様も死んでしまいます。

 

高校生の時、関西で南海大地震が起こると聞いた時、「私地震で死ぬんだ」と絶望で毎日枕を濡らしていた時期がありました。
その時から死を激しく意識してます。
死ぬ覚悟ををしてから10年経ちましたが、今日まで生きてるのは有難いですね。


逆にいつ死ぬんだよって思ったりもしますが。笑

 

遺書を作ろう!


身辺整理の前に遺書の作成をオススメします。


どう生きたいか自分への問いかけになるし、身辺整理の気合も入るからです。

この記事をキッカケに「死」について向き合ってみて下さい。

 


私は短い人生の中で沢山詰め込むために、スピード感を大事にしてます。

疾走感が濃い人生を送るヒントだと私は思います。

 


物事に早く進めるのにお金が必要ならば、私は投資して人生のスピードアップして早くたどり着けるようにします。

 

 

全ての物事を一番最速の方法で、どんどんパスしていきます。

 

全速力で人生を駆け抜ければ、身体中が熱帯びて、追い風も吹いてますます加速して、流れる景色が面白いものになるんです。

 

 

異常に決断が早くて、行動力があるのはそのせいです。
早く走るためにミニマリストもやってます。

 

●加筆●

私が死んでもブログが代わりに残れば良いです。

ブログは遺言みたいなもんですね。

イベントたる危険行為をするようになってから生きる緊張感が半端ないです。

 

志を誰かがついで、【姫姉様】を襲名して欲しいですね。笑

 

もし東京のオフ会までに姫姉様が死んだら、ナス農家さんに後のこと任せてます。

 

2016年6月加筆

今すぐ片付けます★

過去の自分に「身辺整理を怠ってどうもすいませんでしたww」と詫びるのでした。

がんばろーっと(´_ゝ`)

 

関連記事