読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時間セレブ

効率よく自分の時間を作って人生を楽しむためのブログ

山賊ダイアリーが面白い!

【山賊ダイアリー】という漫画を皆さんご存知でしょうか?

現代の日本で猟師をしながら漫画家している岡本健太郎さんの実録漫画です!

 

ハトとかカラスとかヘビとか自分で狩って自分でさばいて自分で調理しています。

f:id:horitsukiko:20151107115205j:plain

 

ハトを自分で狩って捌いて食べる

f:id:horitsukiko:20151107115217j:plain

 

作者兼主人公の岡本健太郎さんの初の獲物はハトでした。

銃でハトを打ち落として、自宅のベランダで解体して、キッチンで調理してる様子は衝撃的でしたね。

その辺を歩いてるハトを食料として意識したこともなく、自分で狩って食べるという選択肢を思いついたことなかったです。

 

f:id:horitsukiko:20151107115247j:plain

 

絵はお世辞にも上手いとはいえませんが、それが味に思えてきて、食事も美味しそうに見えてきます。

 

 

カラスやマムシも食べてる

 

カラス。

 

f:id:horitsukiko:20151107115231j:plain

 

マムシ

 

f:id:horitsukiko:20151107115328j:plain

 

他にもウサギ、イノシシ、ハチノコ、亀、とかも作中で食べてました!!

 

【山賊ダイアリー】を読んで変わったこと

いざという時に「自分で狩りをする」という選択肢が増えました。

肉というのはスーパーとかで買ってきたり、お店でオーダーすることでしか食べれないと思ってましたが、やろうと思えば自分で調達出来るということに気付かされました。

 

幸い今の社会は豊かで自分で狩りに行く必要性はないけど、いざという時に「狩り」があると思えば心強いです。

実際に狩りの経験があれば、さらなる生きる自信に繋がるだろうと思います。

 

もし社会が不安定で「この先どうやって食べて行こうかしら…」と不安でいっぱいな時はハトを眺めて気持ちを落ち着かせることにします。

「いざという時の非常食」という目で見てます。

 

山賊ダイアリー(1) (イブニングKC)

山賊ダイアリー(1) (イブニングKC)

 
山賊ダイアリー(2) (イブニングKC)

山賊ダイアリー(2) (イブニングKC)

 

 

 同時に「不食」関連の本を読むことをオススメ

 「自分で食料が用意できない!食べないと死ぬ」と思ったらパニックになると思います。

 

しかし何も食べなくても別に深刻な問題でない、いざという時は自分で動物を捌いて食料調達すれば良い、という価値観が芽生えると「将来食べて行けなくなったらどうしよう」と不安に感じることがなくなりました。これは心強いことです。

 

将来不安で仕方ないという人は一回読んでみて下さい!

 

 

おまけ

 実際に猟師一日体験というイベントを日本でやってるらしいです。動画は去年のモノみたいです。実際に現場で観たら価値観変わりそうですね。興味津々です。

 動画は少しグロいのが苦手な人は注意してね。