読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時間セレブ

効率よく自分の時間を作って人生を楽しむためのブログ

オタサーの姫のモテ戦略を高く評価してます

出会いの検証

オタサーの姫とは?⇒男性の割合が多い文化系サークル(オタクが集まるようなサークル)に存在する数少ない女性メンバー。サークル内では希少な存在であるため、圧倒的美女でなくともオタク男性メンバーに姫扱いされることから「姫」の名を冠している。

オタサーの姫とは - はてなキーワード

f:id:horitsukiko:20160114183504j:plain

 

オタサーの姫のモテ戦略は圧倒的に正しい

よく嘲笑気味でネタによくなってしまうオタサーの姫ですが、私はモテ戦略としてオタサーの姫は圧倒的に正しいと高く評価しています。

 

下手にリア充グループに入ろうとせずに、自分の身の丈に合った環境で大事にしてくれる人達に囲まれて姫ポジションをゲットするって賢いです。

リア充サークルの姫になるのは無謀ですが、競争相手が少ないオタクサークルはブルーオーシャンですから姫ポジションに君臨するのは簡単です!

自分が良い思いが出来ない環境に居続けるより、自分が快適かつ都合が良い環境に身を置くべきです!

 

取り巻きの男性は世間一般的にはキモイ部類かもしれませんが、お姫様扱いしてくれて大事にしてくれるなら悪い気しないと思います。どうでもいい扱いされるより、よっぽど良いですね。

 

オタサーの姫の恋愛

学生時代の時にMさんという女子がいましたが、相当なBUSUでした。

地味で芋っぽくておまけに空気も読めなかったので同性人気はいま一つでしたが、学校外のオタクサークルに所属してオタサーの姫として君臨していました。

 

元々の趣味であるアニメやコスプレを大いにエンジョイして、そのサークル内で知り合った男性の一人にベタ惚れされて学校卒業後に速攻結婚して子宝にも恵まれました。

 

オタサーの姫が本当のお姫様になった理由

Mさんが学校卒業して即結婚したのには周囲の女子たちの度胆を抜かせたものです。

 

圧倒的なBUSUで性格もさして良くないMさんが勝ち組になったのは、積極的にお出かけをして、自分に合った場所を見つけ出して、そのコミュニティの中で特に大事にしてくれる人を選んだからです。

 

別のオタサーの姫のYさんも見た目はキモイけど優しい彼氏(もちろんオタク)がいて幸せそうでした。

 

「オタサーの姫」の恋愛戦略は見習うべきですね。

コミュニティやステータスや男性を「えり好みばっかりしてるから残ってるんだよ」っていうメッセージを受け取ったような気分になります。

 

現代のオタサーの事情を教えてもらいました!

 最近はオタが市民権得たことにより、ちょっとやそっとではオタサーの姫の座に辿り着けないらしいです。

 

関連記事