読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時間セレブ

効率よく自分の時間を作って人生を楽しむためのブログ

大原扁理さんの20代で隠居 週休5日の快適生活を読みました~!オオハラヘンリ

大原扁理(オオハラ ヘンリ)さんの【20代で隠居 週休5日の快適生活】を読みました!

 

ちょいちょい著者自らが書いたと思われる挿絵があります。ゆるい…!

f:id:horitsukiko:20151121190532j:plain

 

目次

 

大原扁理 さんの詳細

  • 高校卒業後、3年間引き籠り。
  • 海外一人旅(バックパッカー)を経験
  • 東京で一人暮らし
  • 職業は介護職
  • 男性
  • 現在隠居5年目。

 

内容はタイトル通りで、東京で週2回だけ働いて一人暮らししている男性がどのような生活してるかの実録本です!

 

私は東京郊外の小さなアパートで地味にひっそりと隠居暮らしをしています。

 

「定年退職して悠々自適の年金暮らし。趣味に余生を費やし、退職金でたまに夫婦で海外旅行」といったイメージでしようか。起きたいときに起きて、食べたいときに食べ、お茶を飲みながら今日は何をしようかと心を膨らませる。何にも左右されない、どこまでも自由な生活。老人ということをだけを除けばだいたいそんな感じです。

 

私は、どこにでもいるフツー人と同じで、ITや株などの特殊能力も持ち合わせていないし、 宝くじが当たったこともないし、親の遺産もありません。不労所得はゼ ロです。それでも隠居できちゃったんですから、自分が一番びつくりしています 

 

大原扁理さんの生活リズム

扁理さんは東京で一か月の生活費は7万円台で暮らしています。
(家賃や水道光熱費、食費、医療費、税金、保険料、交際費、全て込みです。)
家賃が28000円で共益費が1500円らしいです。およそ30000円ですね。
 
残り4万円でどのようにやりくりしてるか具体的に書いてあるので非常に参考になります。必要最低限で暮らしてること。特に食べれる野草の話は参考になりました!
 
ギンナンをバターで炒めて食べると精がつくと、と説法でおっしゃってました。私もエロカッコイイ隠居を目指して、これからコツコツ食べたいですが、なにぶんフライパンで炒めるのがめんどうくさいのでいつもレンジでチンしてしまいます。

 

↑本当にこう書いてあります。 こういうノリが好きな人は読むべし。

 

粗食のススメ!食費にお金をかけない

扁理さんの食事は一汁一菜の粗食らしいです。理由はラクだからだそうです。
  1. 質素が基本だから何品も作らなくていい。
  2. 洗い物が少ない。
  3. 献立や買い物に頭を悩ませる必要がない。
ものぐさにピッタリ!粗食にして変わったことは以下の通りだそうです
 
  1. 早寝早起きになった
  2. タバコが要らなくなった
  3. 慢性病の症状が軽減した。
  4. 精神的に安定した。
  5. 過剰な欲望が減退した。
肉はまな板が汚れるからという理由で自宅で食べなくなったら性欲(肉欲)が落ちたらしいです。
 
私はデートの前には肉を食べ、叶恭子お姉さまのヤリまくった体験を赤裸々に綴った名著「トリオリズム」を読んで、しっかりリビドーを高めてから出陣することにしてます。
 
ちなみに大原扁理さんの食生活をやったら、本当に性欲がなくなってビックリしました。

 


 

  財産や人脈も何もないけどセミリタイヤしたい人向けの本

特別な人脈、才能、資産、援助、努力、事件、仲間の協力、心を支えた重要人物など一切登場しないのが良いです!誰でも実現可能そうな範囲で、隠居生活を楽しまれているのが、希望を持てます!

扁理さんがやったことを一言でまとめると、働くのは週2回にして一人暮らししてるだけですから、みんなやろうと思えばマネ出来るのです!

 

実用的でかつ面白くて最高です!久しぶりに爆笑できました。すっかり著者のファンになってしまいました。

 

大原扁理さんの動画


大原扁理さんが出演している動画が存在しています。

メガネをかけた男性が大原扁理さんご本人です。

本のイメージ通りで、普通にトークも面白いです!

 

★大原ヘンリさんの本★

20代で隠居 週休5日の快適生活

20代で隠居 週休5日の快適生活

 

 

年収90万円で東京ハッピーライフ

年収90万円で東京ハッピーライフ

 

 

★関連記事★