読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時間セレブ

効率よく自分の時間を作って人生を楽しむためのブログ

恋愛期間中に男性からハートと知識と技術を盗め!

男性とボンヤリデートしてるのは勿体ないです。

 

一度彼の色に染まって知識なり技術なりを盗むことをオススメします

タイトルに「ハート」を入れたのはただのネタです。笑

f:id:horitsukiko:20150630153438j:plain

 

 

目次

 

教えるのが好きな男性心理を利用しよう。

男性というのは教えるのが好きなものです。

特に自分の好きなことや、自分の得意分野は教えたくて仕方ないです。

願わくば女性から「すごーい★」と尊敬されたいのです。

 

 

アナタは「興味ない」「私の趣味だって知って貰いたい」「BLの同人誌を作るのに忙しい」と思うかもしれませんが、ここは自分を抑えて彼に弟子入りしましょう!

 

 

恋が盛り上がってる期間に彼の持ってる技術や知識を盗んで自分のモノにしてしまうのです。

 

恋愛が終わってしまっても知識は残る

アニメでもスポーツでも株でも何でも良いです。

普段は興味なさ過ぎてスルーしてしまう話題でも自分の肥やしにしようと思えば、話を聞く態度も真剣さが増すし、次からそのテーマの話題をすることが出来ます。

 

勉強がデートになるなら一粒で二度美味しい感じがしませんか?

もし別れてしまっても、知識や技術は残ります。

思い出以上の財産といえるでしょう。

 

彼の知識を盗んで成功した女性もいる。

彼に株を教えてもらって大儲けした女性、麻雀を教えて貰ってプロになった女性とかいます。前の彼氏の趣味を覚えて、トークの出しに使って新しい彼氏をGETした女性もいます。

 

有名ブランドでもあるアニエスベーさんは、交際相手の男性から知識を習得して自信のブランドを立ち上げました。

美人雀士の渡辺洋香さんも高校時代に彼に麻雀を教えてもらったのがキッカケでプロ麻雀師になっています。その後彼よりも強くなりすぎてDVに合っていますが

 

 

ただ街を徘徊してボンヤリ過ごすデートのは勿体ないです。

「彼と過ごした楽しかった思い出」は現実逃避の時にしか役に立ちません。

 

恋が盛り上がってるうちに、ぜひとも盗めるものは盗んで自分のモノにして次に生かしましょう!

 

「男性に教えてもらった過去」は抹殺

もちろん恋が終われば元彼に教えてもらったことは内緒にします。

シレッと恋愛自体はなかったことにします。

 

男性にとっては寂しいものかもしれませんが、終わってしまった恋は幻。

なかったも同然なのです。

 

無情に過去を葬り去るのは次の男性への礼儀なのです。

 

 

★関連記事