時間セレブ

効率よく自分の時間を作って人生を楽しむためのブログ

苦労してない側の人間の体験談

14/04/27の記事

人生舐めていたら将来苦労する、人生積むと言われます。
舐めた人生を送ってる人はどうなってるのか、舐めてるサイドからの意見を聞くのは滅多にないと思います

 

私がどちらかと言えば苦労していなくて、人生舐めてる側の人間だと思うので参考にしてください!

f:id:horitsukiko:20150107222745j:plain

 

舐めた人生研究家

結論からいうと2X歳生きて、人生舐めてる歴のキャリアとして、もう少し年数が欲しい所ですが、今のところ何の問題もないです。

 

転職回数は多いですけど、それがハンディになったこと一回もないです。


よく経歴に傷が付くことを恐れている人がいますが、バイトや派遣だったら別に気にしなくて良いと思います。

 


正社員でも小さい会社だったら正しい経歴を調べる所ないと思います(これは憶測)
頻繁にニートになりますが、社会復帰が難しくなったことも一回もないです。
自分が働きたいタイミングで何度も不死鳥のように蘇っています。

 

収入がかなり不安定ですが、何だかんだで貯金は出来てます。

 

無駄な出費が少ない

完全にミニマリストになる前から無駄な買い物をしなかったし、無意味な飲み会に参加しなかったのが大きいと思います。


例えバイトや派遣でも、無駄遣いしなければ貯まります。


「年いったら中々採用されなくなる」と色んなオバチャンがしみじみ言いますが、言った本人が2社採用されてどっちに行こうか迷ってる所を見たらそうでもないように思えます。

 

また別のオバチャンもたった2社落ちたけど、3社目で受かったりしてます。
10社連続落ちてたら大変だと思いますけど、粘ったらいけるんじゃないかな?
そこまで面接に落ちてる人には、まだ出会ったことないですね。

何だかんだで採用されている印象です。

 

採用する側の人の話を聞くと年齢も多少関係は有るけど、サービス業で土日休み希望が理由で落とすことが多いそうです。

 

実家住まい最強

私が舐めて生きていけるのに、親と同居しているというのが強いですね。
母と兄の三人暮らしですが、家のローンがあり全員で協力して払っています。

 

私は経済的な自立出来てませんが、親も自立出来てないので、二世帯で協力するしかありません。


離婚などが原因で親自身が経済的に自立出来ない家庭って実は多いと思います。

派遣やバイトでも無駄遣いしなかったら、お金は貯めれると書きましたが、実家住まいが追加したら、無駄遣いしてても貯まるに変わります。

 

結婚は波乱のはじまり


結婚の問題ですが、結婚は安定どころか

波乱の始まりだと思います。

 

将来一人じゃ不安と言っても離婚したら一人ですから。
結婚は相手のことは勿論、親族含め、自分の意思でどうにもならないことが増えます。
お金も身体も自分だけの物じゃなくなります。
さらに子供が出来たら予定外出費も沢山あると思います。

 

だから独身はやっぱり貴族様としか言いようがないです。


嫌味ともとれますが事実です。
家庭を持ったら身の振る舞い方を考える必要があると思うので、上記のような舐めた人生スタイルが通用しないと思います。
私が既婚者になったら是非、実験してみたいところです。


結論としては、独身で実家住まいの人生はイージーです。
これだけで人生舐めていける要素として十分です。
不景気だと言っても、やはり日本は豊かだと思いますよ。

 

トゥルー貧乏とは?

本当の貧乏とは何か一度考えてみてください。
旅行やディズニーランド行けてる貧困層って本当に貧困ですか?

 


夢と魔法の国で実用性ゼロのキャラ物の被り物して、値段がヤクザのクッキーをお土産として買う貧乏人ってどうなんですか。

 

苦労すると成長する

苦労することで成長すると言われてますが、アレ嘘だと思います。
何の実りもない苦労の方が遥かに多く、基本ダメージしかないです。
成長したと思うのは本人だけで、第三者から見たらよく分かりません。


私達は偏見やよく分からない不安に煽られて、しなくていい苦労をわざわざしているような気がします。

今後も真剣に舐めた人生を検証します!!

 

 

何で人生が終わるのかを確かめたいです。

どんな痛い目に合うのか知りたいです。
私はいつ罰があたるんでしょうか?

 

 

我こそは人生舐めてるという人の体験談を随時募集してます!笑

舐めた人生研究家として、興味津々です。

 

加筆

肩書で「舐めた人生研究家」を自称していた時期有りました。

忘れてましたが、今も舐めた人生に興味あります。

ミニマリストなのを活かして、ますます調子に乗って色々挑戦してます。

 

2016年 5月 加筆 

初々しい記事ですね。舐めた人生研究家の肩書を忘れてました。

懐かしい記事ですが当時と考え方は基本的に変わってないです。

実家を出て一人暮らしをしてること(コスパ悪いのでオススメしない)、ミニマリストを名乗るのを止めた位の変化ですかね(今はシンプルライフだよ)。

 

この記事は有名人にツイートされたのを機にものすごいアクセスを集めたのを覚えています。

 

舐めた人生観などを書き綴っていたら、次第にブログでご飯が食べれるレベルになって舐めた人生が加速している気がします。

 

関連記事