時間セレブ

効率よく自分の時間を作って人生を楽しむためのブログ

信者タイプと教祖タイプの人間(※閲覧注意)

久しぶりに【陰と陽】の話をします。

陰側にも種類あって【信者タイプ】と【教祖タイプ】と名前を付け別けることにしました。

f:id:horitsukiko:20150606203408j:plain

 

※これらの記事が 意味不明な人は読まなくてOK!

読んで意味が分かる前提で話を進めます。

 

●陰と陽 

●陰のオーラ。陰の時代到来の予感。

●強い陰が使える能力【サイコダイブ】 

 

 

 

ちなみにこの話題は基本的に【陰】タイプの人しか食いつかないので【陰】の話を掘り下げます。
【陽タイプ】の人にとって意味不明なので食いつかないのです。笑

 


【弱い陰】が信者タイプ

 

このタイプの方は精神的に支配されることを望んでる人が多い気がします。
神様は良い過ぎですが、自分より上の立場の人間を欲して崇拝するのが好きですよね。

宗教じゃなくて芸能人とか占い師を神様にして崇拝する人もいる。


自分のアタマで考えるより崇拝してる人の意向で動く方がラクで心地よくて尽くすのが嬉しい。
人によって破滅願望もあったりする。
同じ【弱い陰】には魅力を感じない。

 

 

自分のアタマで考えなさいというものの、
考えるのが苦手で人に支配されることが嬉しくて、指示をだされるのがラクで心地良いという人は想像以上に多かったりします。


そういう人は「神様」を間違えないように気を付けてください。

 

 

【強い陰】が教祖タイプ

 

素質ある人はいますが、圧倒的に少ないです。

 

【弱い陰】が集まりやすいけど、【強い陰】の心は満たされない。
【弱い陰】に一方的に好かれる傾向がありますが、
良心や常識やモラルなどが邪魔して【弱い陰】が望む【教祖】になりきれない。

 

教祖になりきれない【強い陰】には常に孤独感がある。

 

同じ【強い陰】の理解者が出来ればいいのですが、【強い陰】自体滅多にいないです。

 

そのせいか価値観や性格が屈折しやすい。

 

中途半端な【強い陰】は本当の意味で自分も他人も満たすことは出来ない。

「こじらせた人」というカテゴリーに【教祖タイプ】のなりそこないが多い。

 

 

終わりに

またもや姫姉様の独断と偏見で書いてますが、

占い感覚で楽しんでもらえれば幸いです^^