読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時間セレブ

効率よく自分の時間を作って人生を楽しむためのブログ

「嫌い」って言葉は強烈すぎる

「嫌い」という言葉は力強い否定の言葉ですね。あまりに強い言葉なので使うのは控えようかと思います。

バレンタイン・キッス2008

 

好きな人の「嫌い」発言の連発は白ける

好きな作家さんのエッセイを買って読んだのですが「こういう女が大っ嫌い!」「●●を持つのが嫌だ!」っていった感じで、ものすごい頻度で「嫌い」って言葉が飛び交ったのです。

 

その方の作品が昔から好きだったのですが、そのエッセイを読んで興覚めしてしまいました。

 

【色んな角度で物事を見て考えることが出来るインテリジェンスな人】と思ってましたが、【気難しくて、面倒臭い人】に変わってしまいました。

自称ひねくれ者の方でしたが、ひねくれ者って全てを否定して掛かる人のことでしたっけ?

 

そっと本を閉じました。

 

嫌いという言葉は控える

嫌いという言葉は突っぱねる力がやたらに強い言葉です。言葉自体の負のオーラがすごいです。

誰でも嫌いなモノや人がいるのは自然だと思うのですが、「嫌い」という言葉を使うのは控えようと思います。代わりに「苦手」という言葉を使います!

 

カレーが嫌い。花が嫌い。動物が嫌い。女が嫌い。男が嫌い。集団が嫌い。子供が嫌い。家族が嫌い。性格が嫌い。人が嫌い。

 

カレーが苦手。花が苦手。動物が苦手。女が苦手。男が苦手。集団が苦手。子供が苦手。家族が苦手。性格が苦手。人が苦手。

 

「嫌い」という言葉を使わずに「苦手」と言い換えたら、印象が大分丸くなりませんか?

 

嫌いなことは語らない

私が唯一嫌いな芸能人は「国生さゆり」さんです!

嫌い歴はなんと10年くらいです!

国生さんの嫌いなとこだったら永遠に果てしなく語れるでしょう!

 

しかし国生さんが好きな人が聞いたらとても悲しむと思います!

なので嫌いなことは語らないでおこうと思います

 

今日から苦手な芸能人は国生さゆりさんで、苦手歴を10年に改めます。

ゲフン、ゲフン!あと国生さんネタにしてサーセン( ;∀;)

見た目は美しくて憧れるビジュアルであると思ってます。

嫌いという言葉を使う時

嫌いって言う言葉を多用するのは良くないと言いつつも、あえて「キライ」と言う時があります。強烈に拒絶がしたい時は、あえて「キライ」とハッキリと意思表示をします。

 

普段は「苦手」とマイルドな言い方をしますが、何でもかんでも苦手という言葉を使うと、拒絶が弱くなるんです。良いとこと悪いとこは裏と表ですね。

 

なので私は「苦手」と「嫌い」の使うタイミングを考えてます。

 嫌いという言葉を使う時は、「よーし。これからキライって単語を使うぞ!」と、それなりに腹をくくって使用します。

 

 

★関連記事★