時間セレブ

効率よく自分の時間を作って人生を楽しむためのブログ

他人に怒ってしまうのは期待してるから

f:id:horitsukiko:20170627144755j:plain

つい他の人に対して怒ったり、嫌味を言ってしまいたい衝動が沸き上がる時ってありますよね。

なぜそうなってしまうのか今回分析してみました。

 

 

相手に期待してるから感情的になる

いきなり結論ですが、相手に「私の気持ちを分かれ!!」という期待があるから感情的になって気持ちをぶつけてしまうのです。

 

どんだけ自分が不愉快になったか、どんな気持ちでこんなに怒ってるのか、を伝えたいという下心が無意識にあるから、感情を爆発させるという手段をとるのです。

 

結局は自分が受けた痛みを同じ分だけ味合わせたいのです。

 

だから相手になんの期待もしなかったら怒りも悲しみも全く沸きませんよ。

感情コントロールが難しいという人は、心の奥底に「他人への期待」があるから難しくなるんだと思います。

 

感情を爆発させても気持ちは伝わらない

感情を爆発させた人間に対しては世間の人は冷たいものです。

危ない人、情緒不安定、ヒステリーで怖い、など散々な評価です。

根本の願いは「気持ちを分かって欲しい」だけなのに、あまりに酷い代償ですね。

 

感情をぶつけるという方法では伝えたいことが伝わりません。

「●●●がきっかけで、期待していたのに悲しい気持ちになった」というような説明口調のほうが伝わります。

 

自分が他人に誠意あるリアクションを求めるなら、まず自分が他人へ誠意あるリアクションをしないと繋がらないです。

怒りをぶつけられることに誠意を感じる人はまずいません。

 

感情がぶつけられたら解説してあげると良い

逆に感情をぶつけられてしまった場合は、相手のニーズに合わせて代弁してあげると収まります。

 

感情的になってる人というのは喧嘩腰になっていることも多く、吠えたり噛み付いたり挑発したりしてくるので拳で黙らせたくなりますが落ち着いてください。

 

「自分の軽率な行動のせいで不安な気持ちにさせてしまってごめんね…」

(小さいことでガタガタ抜かして尻の穴が小さい奴だ!!しばくぞ!)

 

こんな感じで代弁してあげてください。間違っても自分の正当性を主張すると争いが激化します。相手のテンションに合わせるとめちゃくちゃ怒ってるように見えますが、めちゃくちゃ悲しいから怒っているのです。theコミュ障。

 

ちなみに女性との喧嘩で、気持ちを代弁して謝罪してその後甘く臭いセリフを吐ける男は他の女性にも激モテします。役者になれる男はモテる。

 

「あの喧嘩でうちらの絆が深まった♡」と思ってるのは大抵、怒り狂ってる側だけで感情ぶつけられた側は絆もなにも感じてないので勘違いするなよ。

(逆に溝が深まる場合のほうが多い)

 

最後に

元凶は「共感して欲しい」っていう気持ちなんですよね。

だから怒ってみたり、嫌味を言ったり、嫌がらせをしたりするんですよ。

「自分と同じ分だけ不快な思いをさせたい」ってことです。

 

もちろん方法自体が間違ってるから相手に伝わらないし自分の欲求も満たせないし、自分がどうしたいかっていうこと分かってないから、ぐだぐだになって結局自分が悪いっていう終わり方になってしまうんです。

 

他人に期待しないで生きた方が数倍ラクですよ(期待されるほうも)

 

 

★関連記事★