時間セレブ

効率よく自分の時間を作って人生を楽しむためのブログ

お金が掛かってでも安全な道を選ぼう。

節約のために大回りして帰ったり、近道だからといって人が少ない道を通るのは避けた方が良いです。やはり危険ですから。

f:id:horitsukiko:20160112171615j:plain

 

多少コストが掛かっても安全な道を

学生時代の話です。電車通学をしてて交通費が高いなーと思っていたら友達から少し歩くけど、節約できるルートがあるって教えてもらいました。

学校の帰りに1人で教えて貰った道を歩いてみたら、周りは人が全然いなくて真っ暗でとても恐ろしい道でした。

 

道もあまり整備されていなかったので車にもひかれそうですし、万が一変質者に遭遇しても誰かに助けを求めるのも無理そうでしたし、引き返そうかどうか迷いましたが、結構歩いてしまったので引き返すのも今更感がありました。

 

ビクビクしつつも何とか目的地に到着。お蔭で150円節約できましたが、二度とその道は使いませんでした。150円の節約で自分の身を危険に晒すほうがリスクが高いと思いました。

 

いざというはタクシーを使う

東京に遠征していた時に幼馴染の家に泊まりました。

駅から歩いて10分の場所に家があったので良い立地し、オシャレで有名なイメージの街でしたし住みやすそうと思いました。

 

しかし夜になると雰囲気は一変して人気がなく暗くて怖い印象を受けました。

 

家まですぐ近くだし歩こうと思ったのですが、後ろから見知らぬ男に抱きつかれて持っていたスマホを奪われそうになりました!いきなりだったのでビックリしました!

 
近くにタクシーが止まっていたので、男を振り切って乗り込み、そのままタクシーで幼馴染の家まで行きました。殺されるかと思いました。
 
お金は余分に掛かったけど、とても一人で閑静な住宅街を歩く気が起らなかったです。
 

節約よりも自分の命の方が大事

節約してお金を貯めても、それは命あってのことです。
 
身の危険を晒してまで、節約命になってはいけないと思います。
当然ですが死んじゃったら今まで貯めてきたお金は使えません。
もし生き延びたとしても、心に大きな傷を負って動けなくなるかもしれません。
 
節約するならば、なるべく安全な場所で安全な時間帯でやるようにしてます。
 

関連記事