時間セレブ

効率よく自分の時間を作って人生を楽しむためのブログ

女子高生の時、全くモテなかった理由

男性は若い女性が大好きというのは、古今東西の真実だと思いますが、私は10代の時はちーーーっともモテませんでした。

「女子高生」というブランドがあったにも関わらずにです(白目)

けど今なら何故モテなかったのか、よく分かります。

f:id:horitsukiko:20160114085834j:plain

 

男性を意識し過ぎてぎこちなかった

当時男性(男子)と喋るのが苦手でした。お話ししたいとは思っていたのですが意識し過ぎたせいか、喋りすぎたり、思わず相手を否定してしまったり(超ポジティブにいえばツンデレ)、避けてしまったり…ぎこちないですね。

高校は共学で男子と関わる機会は沢山あったのですが、さぞ接しにくい女子であっただろうと思います。当時の同級生の男子にはサーセンと言いたいです。

 

服装がダメだった

当時は暗い色の服装とズボンを履いてることが多かったですね。

今よりも少し太っていたので、体型を隠すゆったりした服ばっかり選んでました。

黒い服で痩身効果を狙ったりして、太ってる自分は制服以外でスカートを履く資格がないと思っていました。女性らしい服装をすることが恥ずかしかったのです。

 

今は特別な日でなくても女性らしい恰好をするようになりました。

久しぶりに同級生に再会すると「すっごい痩せたね!」とよく言われるようになりました。

 

学生の時は確かに太っていたんですが、今よりも3キロくらいしか差がなく、そんなに変わってないです。ダークカラーの体型を隠す服装よりも、膨張色ばかりの女性らしい服を着てる方が痩せて見えるとは皮肉ですね。

女性らしい服の方が腰とかのラインを絞ってあったりするので、体型がさほど変わってなくても痩せて見えるのは納得です。

 

自分に自信がなかった

今は根拠なき謎の自信に満ち溢れ勘違いもはなはだしいレベルにいますが、昔は自信がなかったです。自分の事もキライでした。無駄に卑屈になったり友達に嫉妬したり粗を探して人のダメ出しもしてました。一方で全ての人が私の陰口を言ってるような気がして、歩くだけでも気まずさを感じていました。今はただの自意識過剰だと分かります。

 

モテなくて当然の性格をしていました。

同級生の男子も喋ってて気を使うし退屈だったと思います。

 

脱喪女が出来た現在

当時は男子が怖かったんですが、今振り返るとみんな学生らしい学生で普通に親切だったと思います。同窓会の時は色恋沙汰に発展しませんが昔よりも打ち解けることが出来てます。

 

細々したダメなとこは沢山あるし、今もダメなとこは1ダースほど抱えてますが、根本的にダメだったことは私の当時の精神状態が不安定で不健康だったからと今なら分かります。

 

関連記事