時間セレブ

効率よく自分の時間を作って人生を楽しむためのブログ

誰にも共感を求めなかったら苦しまずに済むのに

「感情吐き出さなくて辛くないか?」とよく心配して頂けます。

 

感情を吐き出しても、誰も分りっこないと割り切ってるから平気です。
それに気持ちを理解されない方が辛いじゃないですか。

f:id:horitsukiko:20160326093221j:plain

 

 

目次

 

誰の気持ちもわからんとういう前提

理解してもらうことで自分の気持ちを慰めようとすることは、もう止めたのです。


現実に私も他人の気持ちが分からないです。
人の気持ちも、犬の気持ちも、メレンゲの気持ちも分からないです。


人の気持ちが分からないから想像して理解をする努力するしかないんです。

 

共感されて嬉しいと感じる人は沢山いる

私の場合は凄まじく割り切ってるお蔭で感情を吐き出すことはしませんが、共感能力は努力の甲斐あって人よりも高いようです。

 

「共感してくれて嬉しいです。気持ちが楽になりました。ありがとう」

 

とよく言ってくれてます。沢山の人の悩み相談に乗り、時に感情の捌け口になり、良き理解者であろうとしました。

 

需要と供給のバランス

自分の気持ち分かって欲しいのに共感してくれる人がいないから、寂しい思いをしてる人が沢山いるのは、なんと悲しいことかと思いますね。


私一人に殺到するなんて、理解してくれる人が少ない証拠じゃないですか。
需要と供給のバランスが偏ってますね。

 


どうして気持ちを分って欲しいのでしょう。
徹底して自己完結に生きることが出来れば苦しまずに済むのに。
理解して貰っても、そこに何も生まれないのに嬉しくなるのは何故だろう。


神様はどうして、こんな理解不能で効率が悪く苦しいだけの欲望を人に植え付けたのでしょうね。

 

KYはどうしようもない

空気読めるかどうかって持って生まれた才能の一つだと思います。

 

KYに空気読めと注意しても悪いことをした自覚もなく何がいけないかも理解できないので矯正は不可能です。

「訳が分からないけど怒られてる」という認識なので反省も訂正も出来ません。

 

共感同様に「空気を読むこと」誰もがみんな出来ると限らない能力だと割り切ることをオススメします。

 

 

空気を読める人にとってKYは地雷

KYの人に共感を求めて相談したら大惨事になるので要注意です。

 

空気を読める人にとってKYの人はストレスでしかありません。

空気を読める人から見たKYの人は「酷く無神経で気が回らなくて善悪の区別がつかない自分中心な人物」に思えてくるからです。

 

悪い人でなく悪気がないと分かっていても、些細な言葉にイラついたり、傷つけられたり、地雷を踏まれたり次第に許せなくなります。空気を読めないことより伝えても伝わらないことにも次第に腹が立ってきます。

 

KYの人に随一注意しても伝わらない(分からない)ので空気読める人だけが消耗して何も改善されずに終わっていきます。

 

空気を読める人はKYから離れて暮らすのが平和

KYの人はそっとして離れて暮らした方が自分のためです。距離を置きましょう。KYは直りません。諦めましょう。生れてきた星が違うのです。

 

好きな人がKYで離れたくないのだとしたら、惚れた弱みでKYであることをすべて受け入れて我慢するしかないです。

 

 理解しようとする姿勢を示す人の数が少なすぎる

誰にも理解出来っこないと割り切るか。感情を汲みとってくれる人が増えるか望ましいですが、割り切ったほうが現実問題、話が早く済みます。

 

自分自分で主張すること第一の人が圧倒的に多いから後者は絶望的ですね。

そんな人ばっかりだからこそ、理解者であろうとする人は光ります。

 

それが出来る人は1つの才能だと思うので、その能力を誇りに思って頂きたいです。

 

 

★関連記事★