時間セレブ

効率よく自分の時間を作って人生を楽しむためのブログ

「変」と言われるのが不愉快な理由

相変わらず「変わってますね」って言われるのは不愉快です。
今回はなぜ不愉快に思うか分析しました。

 私自身変人だと一切思ってなく、むしろ天才と思ってるからです!

f:id:horitsukiko:20141104184746j:plain

 

変人アピールしたい訳でない



一時期「私は変です~」と開き直ろうとした時期はありましたが、すぐ止めました。

 

 

自称するのは十分寒いのは承知ですが、ブログは発表の場なので言わせてもらいます。


人と違う発言をするのは不思議ちゃんキャラアピールをしたいんじゃなくて、

シンプルにアイディアを共有したいだけです!

 

 本当は天才アピール

「コレをこうしたら超便利じゃないか!?」と賞賛を期待して発表すると「変」の一言で片付けられるから、ずっこけます。

 

「変」という理由も「人と違うから」というだけで、一蹴されるのには納得がいきません。


内容がいかに画期的で素晴らしくあっても「人と違う」って理由で終わるのってあんまりですよ。

 

 

発表して「変」と言われて終了したら、

「何でこのアイディアの素晴らしさが分からないんだ!?ちゃんと考えてよ!」

と何回も地団駄踏みました。

 


一部では「変人」と呼ばれてにんまりする人はいるそうですが、

私は考えに向き合ってもらえなかったと判定して屈辱でしかないです。

 

激おこエピソード

私の【激おこ変人扱い理不尽ウォーズ エピソード1】として友人の話をあげときます。

 

私の女友達でいつもサラサラの黒髪の堀北真希に似た子がいるのですが、

カバンの中に常につげ櫛を忍ばせているらしいです。

 

 

 

コンパクトで持ち歩きやすいし、髪の毛もツヤツヤになるから、とってもいいと教えてもらいました。


なんて画期的で女らしいんだと私は感銘を受けました。


私も一応プラスチックのクシを持ち歩いてますが、髪の毛がツヤツヤになる効果もなければ、髪を梳かす姿は絵にならないし、つげ櫛の方が断然機能的だと思ったんです。


私がつげ櫛を絶賛する一方で、以前彼女の先輩にクシを貸して欲しいと言ったので、
つげ櫛を差し出したら

 

「なんか違う」「変わってるね」と言われたことを話してくれました。

 

多分彼女の先輩的には、私が使ってる色気もなにもないプラスチックのクシの方が、普通でみんなが使ってるからそっちのほうが良かったのでしょう。

 


つげ櫛の機能性を話しても、「変わってる」で考えに変化はなかったそうです。

このエピソードを聞いた時とても腹が立ちました。


どう考えてもつげ櫛の方が優れているのに。
借りといてケチつけるのも嫌な感じだし、「変わってる」の一言で片付けるなんて失礼極まりないです!

 

私がスマホからガラケーに戻した時も、「変」と言われまくりんぐでした。

 


月々の携帯代はすごく安くなったし、以前使っていたiPhoneは家のWifiを活用して再利用して、母にも使わせてあげていると説明しても、

「賢いね」じゃなくて「変わってるね」で終わるんです。

 

世の中に絶望

世の中の人の多くは「人と一緒か違うか」でしか物事を判断できないのかと絶望しました。ちゃんと自分の脳みそで考えてから意見を述べる人のほうが圧倒的に少ないのです。

 

 ●加筆●

私と同じように「変人」と言われて悩んでる人って結構いると思います。

 

本文に書いたように、人が「変わってる」っていう時は、「人と一緒かどうか」の基準でしか判断していないので、悩むだけ損だと気付きました。

 

あとわざわざ本人に言う人も変わってる場合が多い気がします。

 

「変わってる」って良い意味でも悪い意味でもとらえることが出来る危険な表現です。

普通の人は親しい関係でない限り、心の中で思っても言うのは躊躇すると思います。

つまり何も考えてないおバカさん。 

 

そういうことを踏まえて「変人」といちいち言ってくる人のことを 、見下し始めたのが気にしなくなった大きな理由でもありますね。

 

一般的に見下す行為はいけないことです。

見下すことで心の平和が訪れるのならば、ドンドン見下すべきだと考えてます。

口に出したり、露骨に態度に出すのがいけないのです。

 

 

2016年2月加筆

この時期の文章は尖がってますね(笑)しかし中々良い事を言ってると自画自賛します。

 

現在は家で作業することが多いので、中々人に会わない生活を送ってるので「変人」と言われることがなくなりました。

 

久しぶりに人に会って「変わってますね!」と言われるとワーオとびっくりします!

けど昔ほど不快感はないです。そうだよね、変だよねと認めることが出来るようになりました。

 

相変わらず変な人ではあるんだろうけど、私の天才さを認めてくれる人が一定数できたので承認欲求が満たされたんだと思います。

 

関連記事