読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時間セレブ

効率よく自分の時間を作って人生を楽しむためのブログ

広く浅い人間関係のメリット!人間キライ克服!

価値観・社会ネタ

2014-11-29の記事

「広く浅い人間関係を良し!」としてる人が少ない気がするので、メリットを書いてみようと思います。

f:id:horitsukiko:20141129203833j:plain

 

交友関係が広まるのが早い

私自身は社交的なほうで、初対面の人と打ち解けるのが早いです。

適当に過ごしても、その場その場で親密な人が出来るので、結果的に交友関係が広くなります。

 

色んな人と話すのは刺激的で楽しいです。

 

私が考える魅力的な人の条件は【新鮮】であることだと考えてます。
だから初めて会う人は無条件で新鮮だから魅力的に感じます。

 

しかし交友が広い分、疎遠になってしまう人が沢山います。

 

浅い人間関係でも残る人はいる

その中でも予想に反して付き合いが長い人もいますが、残った人と深い付き合いをしているかといったら、そうでもないです。

 

相性は良いとは思うんですけどね。

 

 

深い付き合い=あらゆる距離が近い付き合い
と私は解釈しています。

 

 距離感が近すぎると粗が見える

近すぎるとお互いの粗が見えてイライラして、許せなくなったり、ダメ出ししたくなったりすると思うんです。

 

一方そんなに深い関係じゃない人の場合は、粗が見えても気にならないです。無関心ゆえか、寛大でいられます。

 


だから誰に対しても深入りせずに、わざわざ浅い付き合いに留めてますね。

 

 

交友関係を広さを維持する努力を一切しないので、人間関係が狭くなったり広くなったりします。

 

付き合いが浅いから失うダメージがない。
ストレスもないです。マンネリもないです。

 

 人間関係を維持しようとするから無理が出る

広くなった人間関係をキープしようとすると、すごく大変です。

 どんどん自然淘汰されていきます。人間関係の新陳代謝が激しいです。

 

 だから私にとって広くて浅い付き合いは刺激的で楽です。性に合ってます。

 


深い関係を築くのを避けることは、悲しいことかもしれません。

 

しかしこれが私が心穏やかに過ごせて、他人に優しくいられる方法でした。

 

 

社交的なぼっちです。

 

まとまりが悪い文章ですが、こんなもんで。笑

深い人間関係の築き方忘れました。

 

浅い付き合いで過去の傷も忘れていく

 

相変わらず広くて浅い付き合いを続けています。

いつまでも残ってる人はいるし、疎遠になっていった人もいます。

 

昔は「人間が嫌い」とハッキリ思ったのですが、広く浅い付き合いのお蔭で「そんな時期もあったね」と忘れていきます。

 

 

「人間大好き!」にはならないですが、忘れることで心穏やかに親切に生きて行けます!大したことないけど大きなことだと思います。

 

 

★関連記事★