時間セレブ

効率よく自分の時間を作って人生を楽しむためのブログ

口下手のための世渡りの極意

14/03/24の記事

私は口下手な方で、喋るのが苦手です。

口が達者な人と口論したら、一瞬でサンドバッグの如くボコボコにされます。


しかしそれで泣きをみたかというとそんなことはなく、

自分の要求要望はある程度通してます。

 

今回は私と同じような口下手仲間のために

姫姉様流の【自分の要求を通し方】を伝授します。

 

羊たちの沈黙(特別編) [DVD]

 

 自分の要求を通すことは口下手でも可能です

どんな無茶な要求もある程度、姫姉様の都合の良いように運びます。

 

私は舌っ足らずで、言い間違えも多く、咄嗟に言葉が思いつかずに、どもるなんてしょっちゅうです。おまけにあがり症で目もよく泳ぎどうしょうもないです。

 

それでも、自分の欲求を通すことは可能です。

 

 口下手の自分の要望を通す戦法

  1. 「口論の場に身をさらさないこと」
  2. 「勝ち負けでなく結果重視」
  3. 「言葉数は必要最低限で。」
  4. 「弱者を演じる」


我々口下手はディスカッションの場に赴くなんて、全裸で戦争に行くようなものです。

 


口で対決するのは無謀です。まず勝負の土俵から降りましょう!

 

勝負せずに結果を掴む

最初から勝負しなかったら勝ちも負けもないです。 

主張したいことがあれば、紙に箇条書きにして渡しましょう。

箇条書きにした意見は第三者に解読してもらい、補足があれば少ない言葉で足すぐらいでいいです。

 

さらに細かく尋問調査にされそうになったら、「この位で」と言って切り上げましょう。


余計なことを言うと却って印象が悪くなります。
そういう意味で紙が使えない場面でも口数は最低限の方が良いです。

 

自分は弱者であるというアピール


「自分は口下手だ」「気が弱い」「不器用」と弱者アピールもすると一層有利です。

 


実際そんなことなくても、

弱い立場であることを強調することで

相手に気を使わせます。

 


「以前心を患ったことある」「ストレスで体調が悪い」という嘘も有効です。


強気な態度に出ると相手もムキになりますし、攻撃しても良いと判定されてしまいます。

 

 口が達者な人の弱点

 

口が達者な人の弱点は【自分は頭が良い】と

酔いしれて勝つことに快感覚えることです。

 


その場では勝利を収めることが出来たかもしれませんが、

負かした人に逆恨みされます。

 


口の勝負には勝ったけど、何も得ていない結果を迎えている人は沢山います。

 

 


大事なのは口論に勝って

優越感に浸ることでなく、

自分の要求を通すことです。

 

口が達者な人は味方にするのが吉


口が達者な人は敵になると我々では勝ち目がないですが、同じ目的の味方なら心強いです。

 


代わりに口論の場で戦ってもらいましょう。

 


口が達者な人はディスカッションの場が好きなので、喜んで代わりに戦ってくれます。

 


不利になったら、さりげなく離れて裏切りましょう(←クズ)
「自分はそんなつもりじゃなかった」と言って切り離すとモアベターです。

 

要望の実現は100 %を目指さない

また結果の落としどころも重要で100%要望通りいかなくても

70%くらい叶えばラッキーぐらいに構えましょう。

 


そういう意味で最初に無茶苦茶を要求をして勝負に出るのが吉です。

運が良ければ全部叶います。


叶わないと分った瞬間に潔く引くと、少し謙虚になった代案は通りやすくなります。

 


謙虚な姿勢で申し訳なさそうに、

堂々と要求しましょう。

 

 

「謙虚」は性格じゃなくて振る舞いのことですからね。

 


人道外れてることも書いてありますが、もう一度読み返して下さい。

誰一人として傷つけていません。

 


自分が演じるだけで平和的に解決できるのです。
自分の意見通るし万々歳なのです。

私達は人生という大舞台を演じる俳優なのです!

 

善悪のモラル関係なく

良い結果を出すことが姫姉様の正義です。

 

 

 加筆

相変わらずスタンスは、変わってないです。

 

 自分が不利な条件では身を晒さずに、苦手なことは他の人に任せる。

ボコボコにされたとしても、自分の要求は通して結果を出す。

美味しいとこは、ちゃっかりさらっていく。

 

ずるい女です。

 

 

ブログとはいえ自分の手の内を見せるのは賢いとはいえないけど、

同じ口下手仲間に希望を持つことが出来たらいいなと思い公開しました。

 

言い負かされても、気にしないことです(∩´∀`)∩

 

関連記事