時間セレブ

効率よく自分の時間を作って人生を楽しむためのブログ

人の嫌い方の教科書!無視、嫌がらせ、陰口は悪手!

f:id:horitsukiko:20171005140400j:plain

生きていたら必ず嫌いな人ってできてしまいますよね。

人を嫌ってもいいけど、嫌い方を考えないといけないと思います。

今回は人の嫌い方について。

 

 

大前提として人を嫌っても良い

人を嫌うことに罪悪感を覚える人はいますが、人を嫌うこと自体は別に構わないです。

人間誰しも相性というのがありますし、無理やり好きになる努力は消耗しますし、そう簡単に好きに転じることはまあないですから。

誰だって嫌いな人がいて当たり前だから普通だし自然です!

 

嫌いという感情に過剰に罪悪感を覚える必要はないのです!

 

嫌いな人を無視するのは悪手

人を嫌いになっても構わないですが、やってはいけないことは露骨に態度に出すことです。余計に関係をこじらせますし、周囲も嫌な雰囲気にまきこまれて気を遣わせます。

 

嫌いな人にやりがちな行為としてやりがちなのは「無視」です。

 

存在を無視することで相手を否定する低労力で済む嫌がらせです。

 

いじめっこのマニュアルの基本行動ですね。

いじめっ子界隈に支持されている伝統的なやり方ですが、無視はやっぱり良くないです。

 

周囲から見たらアナタが嫌いな人を無視してるのは明らかです。

挨拶を無視するとか最悪で、「あの人は挨拶できない人」という烙印を押されます。

 

噂話の中で「挨拶したけど無視された」という文句は言いやすいようで、他の噂話に比べると伝達が早いです。

挨拶した側は、やるべきことをちゃんとやってるという分かりやすい自負があるので強気に出れるのです。

 

どんなに嫌いな相手でも無視だけはやってはいけません。

必要最低限の挨拶と笑顔だけに留めて距離を置くのが吉です。

無視するのは簡単ですが、無視することで損ねることはデメリットが大きすぎます。

 

嫌いな相手に嫌がらせをするのは論外

  • 人に陰湿な嫌がらせをする人を愛せますか??
  • 友達が2ちゃんねるに張り付いて悪口を書き込んでいたら??
  • 人をいじめていた過去を持ってると仲良くなりたいですか??

 

嫌がらせをしている時は、ターゲットに夢中になって周囲が見えないですが、その様子を見て周囲の人は引いてるのが普通ですよ。

自分はたった一人を嫌って攻撃したら、周囲の人に数十人単位で嫌われます。

 

年月が経っても「あいつ昔酷いイジメをしていた」という噂がいつまでもついて回ります。

 

嫌がらせする側の客観性のなさには毎回驚きます。

一生言われる覚悟がないなら嫌がらせはしないことです。

 

陰口は隠しきれないし癖になる

陰口とは本人のいないところで悪口を言うことです。

 

本人にバレなければ大丈夫かと思いそうですが、実際のところ陰口は癖になって周囲の人をうんざりさせてます。

 

自分的には愚痴のつもりでも他人から聞いたら一緒です。

一緒にいた人は魂を吸われるような感覚になりゲッソリします。

 

陰口が多い人って他人に共感して欲しい人でもあるんですよ。

だから、ちょっとした気になったことでも、いちいち近くの人に報告して共感を求める癖ができてしまいます。

 

「さっきの人の服見た?引いたわー」「あの女優はさっき自分のこと可愛いって顔した」とか彼氏とかに言ってゲンナリさせてます。

 

陰口を言いまくってる友達は、アナタのいないところで陰口を言ってるし、陰口の内容をバラしています。

 

陰口言いまくる人って根本的な自制心がないから、自分は完璧だと思っていても絶対にボロ出して他人にバレています。自制心がない奴が完璧に隠せるはずがない。

高確率で他の人に不信感を抱かれています。

 

完璧を目指すならば、誰にも話さない方が懸命です。

 

 

最後に

他人を嫌う態度は嫌われます

 

嫌いな人ができたら、嫌という態度を出さずに距離を置くのがベストです。

嫌いな人との関わり方は誰も教えてくれません。

学校で教えるべきですね!

 

 

★関連記事★