時間セレブ

効率よく自分の時間を作って人生を楽しむためのブログ

レンタル姫姉様!宗教とテクノロジーが世界をマシにする!

東京にてYさんにレンタル姫姉様を利用して頂きました~!

写真がお釈迦様になったのでイメージ画像ですが新宿茶寮という場所で食事をしました。

 

f:id:horitsukiko:20170505174044j:plain

 

テロリストの危険思想に共感していた頃

Yさんは男性で会社員をされています。 圧倒的に女性読者が多いブログですが男性ですがブログを高く評価してくれています。

 

Yさんとは色々お話をしたんですが、記事としてまとめるのが非常に時間がかかりました。

 

世の中全体が良くなるにはどうしていけばかなどをお話したのですが、中々上手くも行かないし結果も出せていないです。はっきり言うと世の中腐ってると思います。

 

だからデスノートの夜神月やヒトラーのように残虐になって、悪い人を消して行ったら良いのではないかと思った時もありました。

 

だからなにもしないどころか悪化させて壊滅状態に追いやることを加担した方が世の中のためになるのではないかという歪んだ発想をした日もありました。一回リセットして最初からやり直した方が良いと思いました。発想が完全にテロリストです。

 

けど、そうしたら良い人が可哀想です。だからこの案は良くないと我に返りました。

テロは良くないけど、テロリストの気持ちは私には理解できます。

 

野蛮な話でしたが興味深くウンウンと頷いて聞いて下さったYさんに感謝です。

 

日本人には宗教が必要だと思う理由

では世の中を良くしていくにはどうして行けばいいかのお話です。

 

私は日本人には宗教が必要だと考えています。宗教というと日本では危険視されて嫌われていますが、宗教を熱心にやっている人たちの印象は心穏やかで親切で幸せそうで行いが良いのです。勧誘さえしてこなければ善良な人なのです。

 

神や教えを持たない人というのは、よく迷い、傷つきやすく、自信がなく、覇気がなく、生きる希望がなく、人を妬み陥れたりする場合が多いのです。

神の価値観といったマニュアルが最初からあったら、自分で考えなくて良いからラクなんです。

 

か弱い人は多いからこそ、無宗教国家である日本には神が必要だと必要だと思いました。

 

宗教でなくても、起業家やアーティストやサッカーを神や人生のように崇める人はいっぱいいます。崇拝するものがあるってすごくハッピーなことだと思います。

 

個人個人が自分を律して他人を思いやる心があれば解決できるはずなんですが、現実問題はそうはいきません。日本の枠を超えたら、とんでもない人は山ほどいます。

 

テクノロジーが世の中の問題を解決していく

宗教について熱く語りましたが、宗教を持ってでも全ての人の性格の矯正していくのは、ほぼ無理です。なのでテクノロジーが発達するのを待つのです。

テクノロジーの発達がモラルなどの問題を超えていくと思います。

 

世の中にスマホで出た時に世界が変わったじゃないですか。

そのくらいテクノロジーの発達は世の中を変えるのにインパクトがあります。

 

自動運転、人工知能、3Dプリンターなど本当にすごいんですよ。

私達が知らない所で日々進歩して行っています。

 

 

将来、機械が9割以上の仕事を奪うと言われていますが、人間衣食が住さえあれば生きていけるし、その時の対策も打つであろうと呑気に考えています。

 

働かなくて良いってサイコーじゃないですか!!

めんどくさい人間関係に悩まなくて良いし、自由な時間も増えるだろうし、将来の不安も今ほどないと思います!

 

その頃にもお金は存在してると思いますが、お金以上の価値観も生まれているでしょう。

 

今の世の中は辛いけどテクノロジーが少しでも生きづらさを解決してくれることを信じて投資していこうと考えています。

全ては私の妄想ですけど、きっと良くなると信じます。

 

Yさん、ありがとうございました!

素敵な場所に招待して下さってYさんに感謝しています。

とても紳士で賢く寛大な男性です。

私が辛い時にいつも優しい言葉で励まして下さって、ずっとありがとうとお伝えしたいです。

 

世知辛い世の中だからこそ、「ありがとう」「信じてるよ」「好きだよ」っていうメッセージにみんな飢えています。だから私も見習って沢山投げかけようと思います。

信じてくれて、ありがとうございます

 

もちろんYさん以外の方にも何度も何度もたくさん応援してくれたお蔭で今の私がいます。本当にありがとうございます。

 

結構引いてしまう話題だったので掲載を止めようか思ったんですが、せっかくだし載せることにしました。

 

宗教の話には抵抗あるかもしれませんが(若干手遅れ感あり)、テクノロジーは信じれるんじゃないでしょうか。辛いのは、きっと今だけです。一緒に生きましょう。

 

 

★関連記事★