読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時間セレブ

効率よく自分の時間を作って人生を楽しむためのブログ

「オシャレしたら?」の本当の意味。ファッションに興味がない人へのアドバイス

美容ファッション

皆さんはオシャレに興味はありますか??

私はどっちかというとオシャレに関心が薄いのに、生意気にもファッション記事をブログに書いています。

 

今回はオシャレに興味がない人向けの記事です!

 

with 2017年4月号【雑誌】

 

オシャレに興味がないのは女性として損しているのか

Oggi(オッジ) 2017年 03 月号 [雑誌]

「女の子だったらオシャレを思いっきり楽しもうよ★人生損だぞい(*‘∀‘)v」

 

みたいな風潮があります。

 

オシャレしていないと、さも女子失格と言わんばかりですが、私はオシャレに無頓着でも問題ないと思います。女に生まれたからといってオシャレを趣味に命を懸ける義務はどこにもありません。

 

実際のところオシャレが好きな女性が多いですが、オシャレにそこまで関心がない人も一定数います!

 

 

女性がオシャレは無頓着でも全く問題ないです!

 

「オシャレしたら?」の本当の意味

オシャレは女性の義務じゃないと主張しましたが、周囲の人間に「オシャレを楽しもうよ」「オシャレしようよ!」と促されるのは、

 

オシャレをエンジョイするうんぬんの前に普段の身だしなみがマズイんだと思います。

 

服装のバランスが良く、清潔感があって、TPOに合っていたらオシャレに興味がなく流行に乗っていなくても、周囲の人間から「オシャレしたら?」って言われませんよ。

 

服装がトンチンカンで清潔感がなく違和感を感じるから、人として更生させるために「オシャレを楽しもうよ(*^-^*)」とマイルドな言い方で説得されているのです。

 

自分がオシャレ大好きだから他人にも強要しているのではないのです。

ちょっとした優しさと遊び心を込めた言い方の忠告です。

 

オシャレに興味ない以前に、客観的に見た自分は相当マズイ恰好をしていることを自覚しましょう。

 

オシャレに興味がない人がやりがちな服装

  • 謎の英語や外国人がプリントされたデザインの服。
  • とにかく忙しい柄物の服。
  • 季節感をガン無視した服。
  • 全身真っ黒で素材の計算がない組み合わせ。
  • 蛍光色などのとんでもない色を使ってる
  • 体型に合っていないダボダボサイズ。
  • 年齢と服装があっていない。
  • 露出度低すぎ、露出度高すぎ。
  • スウェット素材のパーカー(家着っぽいし子供みたい)
  • 服自体がヨレヨレで寿命を迎えている。(捨てろ)
  • チェック柄(実は上級者向けで、イモ臭い人が使うとイモさが加速する)
  • もはや性別判定不能な服の組み合わせ

 

オシャレに興味がない人がやりがちなファッションをまとめました。

 

いくらファッションに興味がないとはいえ、清潔感がない、年齢に合っていない、TPOに合っていないのはいただけません。ファッションというより身だしなみの分野です。

 

「ファッションに興味ないも~ん、ラクだから良いも~ん、」と逃げがちですが、不潔で野暮ったいというのは対人関係に置いて舐められやすくプライベートでもビジネスでも不利になります。他人からの「オシャレ楽しもうよ攻撃」もウザイと思います。

 

清潔感などの要点を押さえた服装をしたほうがなので自分自身のためにも精神衛生がとても良くなるというものです。

 

オシャレに興味がない人へのファッションアドバイス

スタイリスト 辻直子 6割コンサバの作り方

ファッションの世界には色んなジャンルの服装がありますが、「コンサバ」というジャンルがちゃんとあります。コンサバは保守という意味で、昔からあるスタイルで流行り廃りのないファッションです。

 

ファッションに興味がない人間はこの「コンサバ」のジャンルに滑り込みましょう。

 

間違ってもコンサバな服装の人間がみんなファッションに関心がないからコンサバファッションをしているという訳でないので勘違いしないように。

 

  • 無地の服(失敗が少ない。柄はオシャレに興味が出てから挑戦するべき)
  • 明るい色(服初心者は扱いやすいホワイトやブルー系にしときましょう。ブラックを使用する時は全体の50%以上を超えないようにしましょう。)
  • 自分にサイズが合っているモノを選ぶ(試着推奨。最近は通販でも試着可能。全身鏡で必ず確認)
  • 黒いタイツは秋と冬だけにしておく
  • パンツルックばかりだと「たまにはスカート履いてきたら?」って言われるので、スカートもたまに履く。スカートばっかり履いてると「たまにはパンツ履いて来い」って言われない。スカートがイヤでなければ普段から着用しても良いですね)
  • スカートの長さは膝丈が無難。もっと安全パイなモノを選びたい人はロングスカートがおすすめ。若い人が履いても可愛い。
  • 究極は身体を鍛えて引き締める。スタイルが良かったら何を着てもカッコイイ。

 

清潔感や季節感やサイズ感やTPOを押さえてコンサバを装ったら、「オシャレしたら?」って説教されることがなくなるでしょう!

 

服を選んで買う一手間が終われば、後はラクチンですね!

オシャレに興味があろうがなかろうが、服は着ないといけないですからね!

 

ぜひ洋服選びに参考にして下さい~~!

 

★関連記事★