読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時間セレブ

効率よく自分の時間を作って人生を楽しむためのブログ

嫉妬する人の心理!相手のことを見下してるから嫉妬する!

生きていたら他人に嫉妬したり、嫉妬されたりすることありますよね。

今回は嫉妬についてのお話です!

f:id:horitsukiko:20170209095234j:plain

 

 

嫉妬する心理

相手に嫉妬する時って「自分のほうがイケてるのに何でやねん!!(怒)」という気持ちがあるから嫉妬するんだと思いますね。。

 

自分より劣ってると思う人が自分より待遇が良く周囲から高く評価されて良い暮らしをしていることが許せないんですよね。

 

だから嫉妬して相手のことをやたら腹が立つときは、自分の方が優れているという「自惚れ」の要素があるんです!!

 

相手のことは同等以下と見なして無意識に見下しているのです!!

 

遥かに雲の上の相手に嫉妬なんて起こりませんよ。嫉妬というのは自分と同じ土俵の人間に対して起こるものです。

 

つまり、芸能人相手に嫉妬している人は、自分が芸能人と同等以上であると思ってるんです。

 

 

自分の方が優れていると思うのは勘違い

「自分のほうが立派なのに何でやねん!」と思ってるから嫉妬することがよく分かりましたね。

 

嫉妬でギリギリと歯切りしたてておかしいと審議を立てても、実際問題自分のほうが遥かに相手に能力的に劣っているんです。見下している相手以下でなんです。

 

自分の方が優れていると思ってるのは自分だけで周囲から見たら扱いの差は正当な評価ですし妥当だと思ってます。

 

運だけでのし上がったと思ってるかもしれませんが、嫉妬してる対象の人は、それなりの投資をしていたり、過去にやるべきことをやっていたり、王道な話ですが努力をして積み重ねてきたのでしょう。

 

同じようなことしてきたのに、結果を出せずに評価されなかったら、そりゃ悔しいと思います。しかし別に下積みもしてもないで、1秒も1円も投資をしてないのに嫉妬するのは、お門違いだと思います。同じ土俵で考えていること自体厚かましいです。

 

嫉妬してしまった時の対処法

他人に嫉妬してしまったら、意識した時点で自分の方が劣っていることを認めましょう。

 

相手にとって取るに足らない存在であることがほとんでなので、意識してるのは自分だけで独り相撲であることが大半です。

 

相手のダメなところを分析してクソミソに言っても評価は逆転しません。相手の長所を分析しましょう。

 

これまでの自分は適切なことをちゃんとやってきたのか振り返りましょう。やってきてなかったら今からやりましょう。

 

嫉妬をして相手のことをケチョンケチョンに言うのはクズです。悔しさをバネに精進していくことが唯一の嫉妬が活きることです。すぐに現状や評価は変わりませんが、謙虚に進歩していきましょう。

 

 

★関連記事★