読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時間セレブ

効率よく自分の時間を作って人生を楽しむためのブログ

キャディの仕事は大変!派遣と直雇用のキャディを経験してるので体験談

みんなが大好きな金の話

キャディとは、ゴルフ場でお客さんのサポートをする仕事です。私はキャディを経験したことあるので今回はキャディという仕事について書きます。

f:id:horitsukiko:20160925153343j:plain

 

 

目次

 

キャディは給料は高いが大変!

キャディの仕事内容は主にお客さんのゴルフプレーのアシスタントです。ボールを探したり、お客さんが欲しいクラブを用意したり、コースの説明やアドバイスをしたりします。ゴルフ場にもよりますが、日給は1万円超えるところは多くて、1プレーにつきの給料なので実労働は5~6時間だったりします。ゴルフが好きな人にはたまらない職業でしょう。変な水商売を始めるよりも健全です。

 

しかし給料が高いのにも、ちゃんと理由があります。

 

  • とにかく走るので体力勝負。
  • 朝がとにかく早い。しんどい。死ぬ。
  • ゴルフ場に辿り着くまで大変。大概山奥にある。
  • 夏場や冬場はしんどい。シフト減らされる。
  • お客さんを選べない。嫌な人もいる。

 

お客さん次第で仕事が天国にも地獄にもなる

楽しくて優しいお客さんと一緒だったら天国です。ゲラゲラ笑いながらラウンドして、お小遣い(そこにいる全員が1000円貰った)や差し入れ(ビールが多い)を貰えることもあります。

 

一方で最悪な人と回る羽目になったら地獄です。女性のキャディさんがセクハラを受けるというのは良くある話です。私はお客さんに頭をはたかれたことあります。その際はマスター室(ゴルフ場の秩序を守るのが仕事)に報告です。

またキャディが男でガッカリされるお客さんも多くよくある話です。

キャディは女性が多いイメージですが、男性のキャディさんも沢山います。

 

キャディさんが派遣されるのが増えてる

最近はゴルフ場で派遣のキャディさんが増えています。最近のゴルフ場はキャディさんの減って確保が難しくなっています。キャディの高齢化だったり、体力的にしんどくて辞めたり事情は色々です。

 

そこでゴルフ場が派遣のキャディさんで人数を確保するんです。

 

派遣のキャディさんは、日によってあっちこっちのゴルフ場に行ったりして中々大変ですが、比較的に年齢が若くて人間関係もアッサリしてるので気楽というメリットがあります。

 

車を所持している派遣のスタッフとゴルフ場に出向くので、その時しか接触がないです。仕事時間はスタッフ同士バラバラになり、ずっとお客さんと一緒なので接点がほぼないのです。

 

田舎から都会に出るために派遣のキャディさんをやってる若い女性も結構います。

 

派遣キャディと専属キャディはどっちが良いのか

給料面はどっちも変わらないと思います。どっちにしても高単価。

 

派遣のキャディはあっちこっち行かないといけないとこが大変ですね。

しかしイヤなお客さんにぶち当たっても一回コッキリで済むことが多いので、そういう点は良いですね。

 

専属のキャディは、同じゴルフ場ばっかり行くのでコースを覚えるのがラクですよね。

常勤となるとお局のキャディさんとかもいるし、イヤなお客さんとまた一緒に回らないといけなくなるというデメリットがあります。

 

どっちが良いかは好みですね。

 

キャディを辞めた理由

  • 朝が早すぎる。
  • 走るのがキツイ。
  • 日に焼ける。
  • 飛蚊症ゆえにボールがよく見えない

 

これらの理由でキャディの研修中に断念しました。研修に合格しないと一人でお客さんと回れません、研修代が出るところで修業をしましょう。

 

ゴルフ場とはいえ大自然の中を走り回るのは気持ち良かったです。

お蔭で研修期間だけで、激痩せしました(笑)

 

ベテランキャディになると仕事がラクらしい

人によって合う合わないはありますが、キャディができたら食いっぱぐれないと思います。給料が高く、朝が早くて昼間には帰れるので、子育てしている人には良いと思います。そのせいかシングルマザーでキャディやってる人めちゃくちゃ多かったです。

 

しんどいのは最初だけで、体力やゴルフの知識がついたらめちゃくちゃラクな仕事だと感じるらしいです。 

 

ベテランのキャディさんになると、年齢が50歳の女性でも

 

  • 視力が裸眼で2.0以上
  • 体力がバケモノ
  • 聴覚がものすごく研ぎ澄まされている

 

と超人になります。っょぃ

 

 ★関連記事★