時間セレブ

効率よく自分の時間を作って人生を楽しむためのブログ

田舎から東京に移って一か月間暮らして分かったこと!

大阪府⇒愛媛県⇒大阪府⇒東京都と移って8月1日~8月30日まで東京に長期滞在しました!東京で一か月間暮らしてみて感じたことを率直に書いていきますー!

 

f:id:horitsukiko:20160830170259j:plain

 

東京でのシェアハウス住まいで家賃32000円!

一カ月32000円で全国から見ても破格値です。場所は新宿区にあったので良い立地でした。しかも学生街なので物価も安くて治安も良くて住みやすかったです。

夜中でも街灯が明るくて、人通りもあったので安心して暮らせました。

 

東京でゲストハウス(シェアハウス)のドミトリー(1つの部屋に何人も暮らして2段ベッドが何個も入ってる)で暮らしていました。私のプライベートはベッドのみ、プライバシーはカーテン一枚で心細ないですが、細かいこと気にしない性格なので平気でした。シャワーと洗濯機は有料で一回100円。湯船はないので、たまに銭湯に行ってました。

 

見た目はお世辞にも美しいとは言えず、モノが多かったですが、不衛生とか汚いとかはなく不愉快な思いをしたことは一度もなかったです。

 

不動産屋も覗きましたが、探せば安いとこありました。

 

東京の物価は少し高いけど、ものすごい高い訳で無い

物価は高いイメージでしたが、店を選んだら安いモノもちゃんとありました。

玉子が100円で買えたり豆腐も納豆も20円で買えました。

ただし果物と野菜は少し高いイメージがあります。しかし100円ほど差がある訳ではありません。果物と野菜はそりゃ田舎の方が安くて美味しいですが、そこまで大差を感じません。

 

外食は他の地域同様に500円ランチが充実していたし、チェーン店は東京だけ特別に高いわけでく、値段は一緒なので外食事情でもそこまで大差は感じなかったです。

 

ただし田舎のほうが食材のクオリティが上だとは思いました。

愛媛県、北海道、福岡の順番でご飯が美味しいと感じています。

 

あと東京の水が合わなくて、アトピーを起こして田舎に帰っちゃった人も

 

東京は出会いが沢山ある!!

田舎では老人と学生しかいなくて絶望しましたが、東京では若い人も多くて、独身を謳歌している人が多くてとにかく沢山の出会いがあって楽しかったです。ギラギラキラキラしてとても魅力的に映りました(そこが疲れる要素でもありますが)

 

見た目が奇抜すぎたり、社会的不適合者っぽい人でも、ガン細胞扱いされずに景色の一部であるかのようにほっといてくれるとこに東京ならではの優しさを感じました。この空気感は大阪にはまだないですね。

 

遊ぶ場所がいっぱいある!

愛媛県にいた時は、遊ぶ場所はスナックしかなかったです。愛媛県にいる不良はスーパーの裏側に溜まってる姿を見て、遊ぶ場所が本当にないんだなーと不憫に思いました。私の住んでいた地域の高校生は釣りが唯一の娯楽なようです。

 

一方東京は遊ぶところも多ければ、イベントも充実してて楽しいかったです。友達が住まいを東京にした理由に「新しいアートを真っ先に見れるから」と言っていました。芸術作品に触れやすいとこは魅力ですよね。

 

一方私は怪しい変わった店に足を運びたがる傾向があるのですが、東京はそういう場所が多かったように感じました。お蔭でめちゃくちゃ楽しめました!

 

東京の一カ月生活を終えて

私は東京の生活が好きです!消耗も楽しいです!私は都会が元々大好きだし、高層ビルが好きなので歩いてるだけでもワクワクします

 

しかし住むのは地元大阪が良いなと思います。頻繁に会う訳でなくても昔なじみの友達が多く居る土地というのは安心するものです。大阪も東京ほど都会でないですが住みやすくて人も東京よりも少な目ですし人が多すぎてイヤだって思ってる人には大阪を勧めたいです。

 

あと愛媛県も決してイヤだった訳ではないですが、田舎暮らしは本当に大変です。独身で田舎移住する人はほぼいないので、パートナーや家族と一緒に暮らして挑戦することをオススメします。私は一人だったので困難に立ち向かえなかっただけです。もう少し老いて家族と書いたら田舎も良いと思います。

 

しかし田舎を嫌いになったわけでないです。都会には都会の、田舎には田舎の良いとこあるし、私は両方好きです。だから都会はダメとか田舎はクソだとか優劣をつける必要もないと思います。自分に合うとこ

 

関連記事