時間セレブ

効率よく自分の時間を作って人生を楽しむためのブログ

メンヘラ女子が好きそうな男の特徴

メンヘラ女子が好きそうな男性っています。メンヘラにモテそうと言うと当たるんです。そこでメンヘラ女子が好む男の特徴を書いていきます!(姫姉様調べ)

 

YEAH!! YEAH!! YEAH!!

 

 

目次

 

メンヘラ女子とは?

  •  情緒不安定な女子。
  • 感情の起伏が激しく怒ったり悲しくなったり大変。
  • 行き過ぎる子は自傷行為やリストカットとか自殺行為をする
  • 依存体質の女子が多く彼氏中心になる子も多い
  • メンヘラ女子は何故か可愛い子が多いので男子は付き合ってしまう
  • その後消耗戦になってしまうことが多い

 

自分を着飾るのが好きでごついアクセサリーを愛用

オシャレっぽい雰囲気の男子がメンヘラ女子はお好みな傾向だと思います。

いかついネックレスやピアスを開けてる(ピアス穴が開いてる)、ちょい悪そうな雰囲気が出ます。ポジティブに言えばEXILEっぽい、ネガティブに言えばチンピラっぽいです。

 

そういう攻めていて強そうなルックスは一般人女子から言わせれば怖いので、どちらかと言えば関わりたくない人種であるのですが、メンヘラ女子から見れば恐ろしくもカッコ良く映ります。

 

メンヘラと言えど女子ですから、健康的な女子同様にオシャレに興味あり、男性のオシャレヒエラルキーが重要です。ダサイ男は人でないのです(酷)

 

体型は背が高くて痩せているとモアベターです!

一般人女性よりも分かりやすい「記号」に弱いのです。

 

引っ張ってくれる男が好き

メンヘラ女子とは情緒が不安定で自分の意思がハッキリ定まっていなくて自己評価が低いです。なので優しく言葉をオブラートに包んだ言葉を使うジェントルマンな男性よりも、荒々しくもハッキリ言い放つオラオラ系の男のほうが頼もしく見えます。

教祖のように降臨して支配してもらうほうが気持ちが良いのです。ドM的発想ですが、メンヘラに限らず、神様の如く上に立って支配して喜ぶ人間というのはかなり数がいるのです。

 

もしくはボソボソ静かに喋る不健康な男子でもOKです。儚い感じがグッと来るようです。きっと自分と似ていてシンパシーを感じるのでしょう。

 

そういう意味で陰性の色白のデブも意外に受け入れられます。アクセサリーで自分をデコったデブもOKです。

 

健康的なマッチョや陽気なデブは不人気はダメです。

 

自分と付き合ってくれる

よく悲観的になってパニックになるのがメンヘラ女子です。

リストカットをほのめかしたら、救急隊員のように速攻対応してくれる男子でないとお話になりません。メンヘラ女子を24時間セコムできない男は彼氏として失格です。忙しい男はお話にならないので、時間に融通が利く自由業やフリーター、ニートが理想です。

 

メンヘラ女子は自己評価が低いので、あまりに立派な肩書だと不相応しくないと思い退きます。逆に言えばアウトローに対しては一般女子より寛大です。

 

悲劇のヒロインモードになって「ヨヨヨ」と涙をこぼしている時に、同じようにラリラリになってシナリオに乗ってくれる男子がグッドです。憐れみの言葉をかけて同情して下さい。

 

間違っても、「自分に酔ってんじゃねーよ」と現実を突きつける言葉を言ってはいけません。メンヘラ女子が用意したシナリオ通りに動けない役者は舞台から降板させられます。役者チェンジですわ

 

役に入り過ぎて、勇気づけてアレコレ世話をし出してもダメです。悲劇のヒロインモードの時は「自分を変えて頑張りたい」とは思ってないのです。居心地が悪くなって、彼女がドロンしてしまいます。

 

メンヘラ女子好みの男性とは

ユリの紋章 メンズネックレス ペンダント ベネチアンチェーン シルバー アクセサリー ジュエリークロス MINO Creates

私の独断と偏見ですが、これらの特徴を持つ男性がメンヘラ女性達にモテます。

 

メンヘラ女子にモテたくないと思う男性は、オシャレのバージョンダウンをするだけでも効果があります。アクセサリーはクロムハーツは止めて、ピップマグネループに変更しましょう!

ピップ マグネループ EX 高磁力タイプ ブラック 50cm(PIP MAGNELOOP-EX,black 50cm)

 

 

もちろん、それだけで完全にメンヘラ好みから外れることはないですが、見た目が無難であるということは意外にも効果的です。

 

普通に働いて普通の服装でまとまっていたら、普通の女性に受け入れられます。

アウトロー気質は普通の女性を避けます。

 

なのでアウトローであるという男性は、何かしらの分野で成功してない限りは、普通以上の女性に受け入れられません。実力がいるのです。

 

 

★関連記事★