時間セレブ

効率よく自分の時間を作って人生を楽しむためのブログ

読者投稿!変態エピソードコレクションpart4

とうとう第4弾!変態遭遇エピソードを募集したところ、恐怖体験が集まりました!世の中どんだけ変質者が多いんでしょう!

投稿して下さった方ありがとうございます!

 

f:id:horitsukiko:20160721193849j:plain

 

 

演技力ダイコンの変質者(?)

先週のことがあったため、夜遅くなるときは、当分の間だけ、親が迎えに来てくれることになりました。駅で車を待っていたら、私の目の前で立ち止まり、うずくまる男性が

急に「お腹が痛い」と私は体調不良を訴えられました。

 

ですが、まっっったく痛そうに見えず、なんだか面倒くさそうだと思い、その場を離れることにすると、またさっきの男性がやってきて、目の前で再び「お腹が痛い」と体調不良を訴えてきました。

 

 

これは厄介だなあと、元いた場所に戻るとことにしました。が、またまた再び、彼はやってきました。「お腹が、、、」とうずくまるポーズしかし、そのまま動きが止まり、沈黙

 

 

そしてスクッと姿勢を正し、私を見ながら「うーん、仕方ないかあ」と苦笑いをし、立ち去っていきました。

 

★姫姉様のコメント★

エピソード的には怖さはないんですが、インパクトがありました。

彼は一体どうして欲しかったんでしょうね。謎です。

 

女子高生に密着

私は子が生まれてから危ない目に合うのはめっきり少なくなったんですが、通勤中、電車に乗ってるとき向かいに爆睡してる10台後半くらいの女の子がいました。

 

そしたら途中で席はガラガラなのに、その子の隣に男が座ってきて、必要以上にくっついてました。

 

「こいつはヤバイ!」と思い、悪いことができないようにガン見してやりました。

男は私の目線を気にしながらも、女の子にくっつき続けカバンから何かをこっそり出そうとしていたので、さらに睨みつけてやると、目線を気にしてカバンにしまい込みましたが、ずっとくっついたまま、私が降りるまでそうしていました。

 

その後どうなったかはわかりません。降りたとき駅員さんを呼ぼうかとも思いましたが、時間もなかったのと、女の子があまりにも爆睡して気付いていなかったので、ここで助けても男にとぼけられて終わる気がしたし、鈍感なその女の子に多少イラっとしたのもありますw


数日後、その女の子の隣にまた同じ男が座っているのを遠目に発見しました。多分、ずっとやられていて、女の子は気付いてないんでしょうね(^_^;)そして、カバンから何を出そうとしたのか今更気になります。


経験上、ガラガラな車内で隣に座ってくるのは絶対おかしいです。何もされてなくても座られた瞬間、逃げてほしいです。又、若くて可愛い女の子はしっかりしてほしいと思いました。

 

★姫姉様のコメント★

10代の女子は世の中の怖さをよく分かってないので色々ウカツですよね。

いらだつ気持ちは分かります。

 

子供がいてもついて来る男性

こども(1歳女児)を抱っこしながら駅前を歩いていた時。


ちょっと挙動があやしい男性(知的障害者?)と目が合ってしまいました。
すぐに視線を外して通り過ぎましたが、しばらくしてからちらっと横を見るとなぜかその男性がニヤニヤしながらそばを歩いていました。たまたま進行方向が同じだっただけかもしれません。


でも、こちらはこどもを抱えているのでいざという時に俊敏には動けないし、雨上がりで男性は傘をもっていたので、最悪の事態(暴力をふるわれる、走って逃げるときに転んでこどもが怪我、など)をいろいろ考えてしまい、とても怖かったです。
幸い、駐車場までついて来ることはなかったので、予定を早めて帰りました。


私は格闘技経験者で黒帯も持っていますが、やっぱり男性の力にはかないません。
たとえ腕に覚えがあったとしても、あやしいひととは目も合わせない方がいいと実感しました。

 

★姫姉様のコメント★

子持ちって真っ先に除外されそうですが、そうでもないのが現実です。

 

付きまとう男性

改札を出た時に、こちらを見て、はっと立ち止まる男性が一人。
じーっと見られ、私は知り合いかなと思い、一瞬だけ、男性を見ました。が、全く知らない人。


変だなと思いましたが、そのままスルーすることに。

 

その時、視界の隅で男性も歩き出したのを確認。なんとなく嫌な感じがしたのを覚えてます。

 

 

しかし、運悪く交差点が赤に、、、
そして、近づいてくる足音。私の真後ろで止まりました。

 

しかも、身体が触れるか触れないかのギリギリの所でです。男性の息遣いと、その息で揺れる自分の髪。


これはヤバイと思い、ドラッグストアに駆け込みました。

念のため、親に迎えに来てもらうことにしました。

 


ひとまず大丈夫だろうと思ったのですが、視線を感じ、ふっと顔を上げると、
2つ離れた棚の角から、こちらを見つめてくるさっきの男性が、そこにはいました。
その後、親が到着するまで、私がいる棚を付かず離れずウロウロした男性。


一人で帰ろうとしていたら、きっと何かされたと思います。

 

★姫姉様のコメント★

王道なキモイエピソードです。異常接近は実際にされたら本当に怖いです。

 

 引き続きエピソードを募集しています

公に言いにくい分、匿名でエピソードをモテ貯金に載せてみませんか?

世の女性にとって良い警報になると思います。

 

全ての男性とは言いませんが、性欲に突き動かされた男性は本当に恐ろしいです。投稿お待ちしています!

 

メールフォーム

 

関連記事