読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時間セレブ

効率よく自分の時間を作って人生を楽しむためのブログ

女子の節約と美意識の境界線!

女性というのは生きてるだけでメンテナンスにお金が掛かるものです。なるべく節約したいけど何でもかんでも節約するのはダメです!

 

特に女子力が減る節約や安全面に不安が出る節約はダメです!

 

f:id:horitsukiko:20160705214328j:plain

 

 

目次

 

節約中とはいえ髪の毛はしっかりメンテナンス!!

  • 髪の毛が見るからにめちゃくちゃに傷んでる
  • 茶髪放置でプリン頭になってる
  • ボサボサでまとまりがない
  • もさいウネウネの癖毛
  • 髪の毛が伸び放題

髪の毛の印象がメイクをする以上に印象が変わるので大事です。箇条書きした条件が重なると野暮ったく見えてだらしない印象になってしまいます。

 

なので、髪の毛は手間とお金を掛ける価値があります!髪の毛が傷みまくってる人はトリートメントを!セットが苦手でズボラな人は縮毛矯正なり髪を染めるなりしてお金をかけてキレイに魅せることをラクして下さい!

 

美容室にマメに通ったほうが良いですが安くはないので。1000円カットを利用しましょう!軽く整える程度であれば1000円カットでも十分です!

 

カラーリングをする場合はプリン頭が目立ちにくいダークブラウンが良いですね!

 

清潔さを維持するのにお金を惜しまないで!

清潔さと清潔感はベツモノで、清潔感さえあれば2~3日風呂に入らなくてもモテると思いますが、女性としてどうやねんという問題が起こるってしまいます。問題が起こる時点で良くないのです!なのでなるべく清潔であろうとするのが女性の正しい姿勢だと思います!水道代節約や時間短縮になりますが、引き換えに大事な物を失ってる気がします(笑)

 

黄ばんで汚れが落ちない白いシャツや、穴が空いた靴下や、伸びてよれて毛玉が出来た下着などは潔く手放しましょう!使い続けた方が節約効果は高いですけどね。

見えなかったらそれで良いというメンタルが日常で飛び出してしまいます。

 

「女子力低い=貧乏くさい」と同義語です。

貧乏くさい節約はダメってことです。

 

セキュリティが甘く不潔な場所で暮らすのは避けた方が良い

古くて不潔で治安が悪くてセキュリティが甘い場所に暮らすのは避けて下さい!

 

特に家賃とか節約したいところなので、ついついケチってしまいますが、戸籍が女性である以上はシッカリした場所で暮らした方が絶対に良いです!男性だって危険な目に合いますからね。多少予算が掛かっても安全圏で暮らした方が良いです!

 

しかし一人暮らしはお金が掛かるので、親と仲が悪くない人は実家で暮らした方が予算的にもセキュリティ面でも良いです。

 

あと自分で修復できない位に不潔な場所で暮らすのは精神衛生が良くないのでオススメしません。鈍感でないと暮らせないです。不潔に目をつぶって暮らすのは女性としてどうなんだろうという問いが生れます。そんな葛藤が生れるような家に住むべきでないです!

 

節約できるポイントのまとめ

女性特有のお金が掛かるポイントは服飾費や美容費ですかね。

 

流行は追いかけずにコンサバファッションに徹すればファッション費が安くなります。

コーディネートもワンパターンで良いし、多く持ちすぎることなく上手く着回しをすればオールシーズンやっていけます。服はユニクロで良いし、最近のプチプラコスメは良い仕事をします。抵抗がない人はリサイクルショップやメルカリも活用しましょう!

 

規則正しい生活を送れば高価な美容液も必要ないです。ニベアの青缶やワセリンでも事足ります。

 

他にも節約できる部分はありますが節約というのは、追求すればするほど金額がしょぼくなるので大雑把で良いです!ピンポイントを押さえていきましょう!

 

ダンボールインテリア時代の話

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/horitsukiko/20151221/20151221122406.jpg

ダンボールは素晴らしいです。床に敷けばカーペット。冬の気候で冷たくなった床の冷気が伝わらないですね。デスクにもなりますね。パソコンでの作業も食事も出来てしまいますね。サイズによっては小物入れになるし、不要になったら簡単に捨てることが出来ます!

 

なんてダンボールって万能なんだ!ダンボールさえあれば何でも出来る!

部屋着にも良いかもしんまい!掛け布団にも良いかもしんまい!

ダンボール沢山あったらベッドも作れる!

 

唯一の欠点は女子力が低いことですかね。

 

野郎だったら良いですが、女で何もかもダンボールで済ませるのって良くないと思い始めました。機能的・合理的・経済的で無駄が無いけど、「無駄」の部分に「女子力」とか「色気」とかがあるんじゃないんでしょうか。

 

机とかイスとかベッドとか必要とは思ってませんが、あった方が「豊かな生活」って感じがします。今キャリーバッグを机として使ってますが、全くセクシーでないですね。

 

この家に男性を呼べるかって言ったら呼べないですし。

 

鍋敷きとランチョンマットを購入した時にスーパー不要なモノですが、「女子力」って感じがします!ダンボールからちゃんとした鍋敷きを使ったら「女子力」って感じがしました。身体の内側から「私って女なのねー!」って思いましたね。鍋敷き如きで。

 

ランチョンマットはリバーシブルで撮影用に購入したのですが、これを使うと「ワタシ丁寧ニ暮ラシテマス」って感じが湧くんですね!内側がシットリと潤っていくのが自分で分かりました。

 

モノを丁寧に扱う、彩る、飾るって行為が、内面がすごい女性的でセクシーだと思います。それが情緒ってやつですわ。

 

一年前にダンボールを机代わりにしていた時期があったんですが今だったらダンボールインテリア時代は有り得ないですね(笑)普通に女性としてアカンやつです、

 

★関連記事