読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時間セレブ

効率よく自分の時間を作って人生を楽しむためのブログ

砂壁にペンキを塗ってDIYリフォームしました!

愛媛県移住日記

古臭い砂壁の雰囲気を変えるためにペンキを塗っていきました!!

 

写真はローラーでペンキを塗っている様子です!

f:id:horitsukiko:20160506194142j:plain

 

ペンキを塗る前

f:id:horitsukiko:20160506192931j:plain

 

 

f:id:horitsukiko:20160506192941j:plain

白い部分は壁の穴やヒビをパテで埋めていったものです。

全部やったら大変なので目立つとこだけ埋めていきました。

 

ペンキを塗る前に前日に3回ほどシーラー塗り(下地塗り)をやりました。

砂壁は水分をよく吸うので、シーラーもよく吸って大変でした。

 

砂壁がシーラーを吸収せずに弾くようになったらペンキを塗る時です。

シーラーを塗らずにやったら、砂壁がペンキをガンガン吸って伸びが悪くコスパが悪くなるのでシーラーを塗る作業は必須です!

  

ペンキを塗った後

f:id:horitsukiko:20160506192918j:plain

f:id:horitsukiko:20160506193729j:plain

 

写真ではキレイに塗れているように見えますが、ムラがあったり、塗装がガタガタだったり、はみ出てたり雑な仕上がりになってます。

畳に結構ペンキを落としましたがいずれ畳もDIYします。

 

ペンキの節約のためにオレンジ×ホワイトという配色にしようと思ったのですが、ペンキが足りそうだったので全てオレンジ色にしました。

 

何故部屋の色をオレンジ色にしたかというと、この部屋をシアタールームとして使用できるようにしたかったからです。

 

映画と言ったら金曜ロードショー。金曜ロードショーといったらオレンジ色なので、オレンジ色になりました!!

 

反省点

 汚れて欲しくない部分に養生テープやマスキングテープを貼っていくのですが、パテを塗った後にさらに引き続きペンキを塗ったのでマスキングテープがはがれにくくなってしまって大変でした。

 

  • ×マスキングテープ⇒パテ⇒ペンキ
  • ○マスキングテープ⇒パテ⇒マスキングテープ剥がす⇒新しいマスキングテープ貼る⇒ペンキを塗る

 

という順序を踏まなかったんで一部仕上がりが汚くなってしまいました。

めんどくさいし勿体ないけど、手間暇をかけたほうがDIYの世界では正解です。

 

作業時間5時間

f:id:horitsukiko:20160506200344j:plain

今回は助っ人に「むぎちゃさん」にペンキ塗りを手伝って頂きました!

むぎちゃさん、ありがとうございます!

 

2~3時間ほど二人で塗っていたのですが、むぎちゃさんが途中で帰宅されたので、残りは一人でやりきりました!後片付けが辛かったです><

 

一人でやると作業は遅くなるし、飽きてくるので複数人でやった方がぜったいに良いです!むぎちゃさんが去った後は体力の消耗が半端なかったので、次回助っ人が来るまでで一旦休憩する予定です。ヨボヨボ。

 

アサヒペンの水性ペンキ

 

 室内では水性を買いましょう!油性を買うとニオイがどぎつくて大変なことになります。アサヒペンのペンキが定価で一番安いと思います。5Lだし、使いやすいです。モノによってはローラーバケット必要ないですし。

 

4Lで3度塗りして一部屋塗れます(大体)メーカーによりますが7000~9000円くらいします。高いです。

 

1度塗りだけではムラは絶対できますが、3度塗りすればかなりキレイです。

 

余った場合はサランラップで蓋をするとナイスです!

もう使わない場合は新聞紙などに染み込ませて燃えるゴミの日に捨てます。

 

 

アサヒペンの水性シーラーを使用

アサヒペン 水性シーラー ライトレモン 14L

アサヒペン 水性シーラー ライトレモン 14L

 

 

こちらのシーラーを使用しました。質よりも量!一番安いです。

色はライトレモン色ですが、どうせ上からペンキを塗っていくのであまり関係ないかもしれません。 重いので灯油ポンプ(100円均一で売ってる)を使うと良いです。

 

これを使わない砂壁がペンキを吸ってペンキを必要以上に消費してしまうし、仕上がりの美しさにも関わってきます。大事です。

 

ローラーがあると楽

アサヒペン バケット型ローラートレイ 180MM BT-180

アサヒペン バケット型ローラートレイ 180MM BT-180

 

 

ローラーがあると塗るのがめちゃくちゃラクで早いですよ!ローラートレイを使わないとペンキがダラダラ落ちるので、あったほうが良いです。アサヒペンでメーカーを合わせるとナイスです!

 

 

細かい所はハケを使って塗っていきましょう!

 

 マスキングテープと養生マスカー

パイオラン マスカー550mm×25m MASKER550MMJN

パイオラン マスカー550mm×25m MASKER550MMJN

 

汚れて欲しくない場所に使います。主に大きいものや広範囲を保護したい時に養生マスカー(ようじょうますかー)を使います。緑の部分はテープになっています。

 

3M スコッチ 塗装用マスキングテープ 18mm×18m M40J-18

3M スコッチ 塗装用マスキングテープ 18mm×18m M40J-18

 

 細かい部分を保護したい時はマスキングテープを使います。オシャレテープ用でないです。粘着力が弱いのですぐに剥がれます。ペンキが完全に乾く前に剥がさないと、剥がしにくくなって汚くなるので半乾きの状態でとってしまいましょう。消費量半端ないです。

 

壁の穴を埋めるためのパテ

アサヒペン 速乾軽量パテ(内外部用) ホワイト 900ml

アサヒペン 速乾軽量パテ(内外部用) ホワイト 900ml

 

ヒビ割れとか穴が開いてる部分を補修するために使います。これは水で練る必要ないのでラクです。シーラーを一度塗った後に使った方が良いと思います。

 

★次の日記


★前の日記