読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時間セレブ

効率よく自分の時間を作って人生を楽しむためのブログ

スターバックスの容器を持つだけでリア充っぽく見える!!スタバを研究した

リア充と言えばスターバックス。スターバックスと言えばリア充です。

リア充の研究をしてる私にとってはスターバックスの存在は無視できません。

 

f:id:horitsukiko:20151001202100j:plain

 

 

目次

 

スターバックスの容器を持って歩く

最も贅沢なスターバックスのドリンクの味わい方はテイクアウトして持ち歩きながら飲むことです。

 

スターバックスのドリンクは決して安くないです。

私は貧乏性なのか、スターバックスのドリンクを飲むからには、スターバックスというオシャレスポットでドリンクを大事に大事にじっくり味わうことが常なのですが、

 

町中で友達とお喋りながらスポーツ飲料の如くゴクゴクとスタバのドリンクを飲みまくる人を見ると私にはとても出来ないと毎回思うのです。資金力のあるリア充である。

 

それが期間限定のフラペチーノだったらなおさら。贅沢の極みです。

 

スターバックスのホットの容器を持ち歩く

見た目だけのファッションリア充にこだわる愚かな私はドリンクのホットの容器に注目します。

フラペチーノは容器がスケルトンで、ホイップクリームが乗ってるやつは見た目も豪華ですが、なくなったら最後。ポイと無情に捨てなければなりません。

 

しかしホットの容器だと中身が見えないので空っぽでも分かりません!

つまり使いまわし可ということです!!

 

町中でホットの容器だけを持ってウロウロしたら、パッと見がリア充っぽいです!

 

洗ったら何回も使えるぞー!

ホットの容器に自分の好きなドリンクを入れてもバレないぞー!

カルピスやコーラ入れて自分好みにカスタマイズが出来てしまうぞー!(・∀・)

 

 

空っぽのスターバックスの容器をいつまでも大事に使ってると思ったら涙が出てきますね!しばらく空っぽの容器を持ってウロウロした後、捨てました。

 

 

スターバックスのような人間って多分イケてる

f:id:horitsukiko:20151004104807j:plain

 

リア充研究家の私はスターバックスの店内を冷静に観察する。

スターバックスってすごい豪華な装飾となないんですよね。

シャンデリアでなく普通の照明だし、イスやテーブルもロココ調でなく、普通に木だし、ソファも物凄い優れてる訳でないです。

店員さんも黒いポロシャツにズボンに緑のエプロン一枚でシンプルです。

 

唯一豪華なのは取扱商品のドリンクの値段です。高いよ。

 

しかし町の人はこぞってスタバに行きたがります。

お金はそこまで掛かってなさそうだけど、清潔感と高級感と特別感ががあり、高いお金を払ってまでスタバのドリンクを飲む。

 

 

スタバのブランド力、恐るべし。この現象ってすごくないですか?

スタバの話題に出したら毎回ブログにアクセス集まりますし!

スバタすごい!!

 

私もスタバみたいになりたい・・・!

 

 

スターバックスのような人とはどういう人なのか?

私の独断と偏見で「スターバックスのような人間」を書いてみました。

バカバカしいけど大真面目に考えてます。(キリ)

 

  1. 見た目はシンプルだけど安っぽくない。
  2. 清潔感があって爽やかで親切。
  3. 一緒にいる人にリア充感を与える。
  4. もちろん本人もリア充である
  5. 多少コストが掛かってでも、会いたいと思わせることが出来る。
  6. 変化し続けて飽きが来ない。
  7. 特別感がある。存在がありがたい。

 

「スターバックスはなぜ値下げもテレビCMもしないのに強いブランドでいられるのか?」を読んで見た

「スターバックスはなぜ値下げもテレビCMもしないのに強いブランドでいられるのか?」

 

スターバックスのことはスターバックスの本を読むべし。

スターバックスの経営理念について書かれた本ですが、ブランド力を築くのに一個人にも参考になると思いました。

 

カッコ良く言えば「セルフブランディング」ってやつなのでしょう。

スタバから自分のブランドを確立させることを学べました。

「安売りしない」っていうのが、特に参考になりました。恋愛でも同じこと言えるかもって思ったり。

 

スターバックスはなぜ値下げもテレビCMもしないのに強いブランドでいられるのか?

スターバックスはなぜ値下げもテレビCMもしないのに強いブランドでいられるのか?

 

 

★関連記事