時間セレブ

効率よく自分の時間を作って人生を楽しむためのブログ

イメージの独り歩き。イメージに恋する人々

姫姉様は男受けだけは良い見てくれをしてます。特に世間一般で言うオジサン、草食系男子に好まれます。

 

理由は単純で「弱そう」「優しそう」「大人しそう」というイメージだけで人気なのです。

新潮ムック  月刊  新垣結衣 Special (SHINCHO MOOK 134)

 

目次

 

雰囲気だけが良い女

顔はいうほど大したことないけど(認めた)、色白の薄い顔が儚げなようで、そこはかとなくファンタジーなのです。


勝手に北国の人だと思われたことあります。いわば雰囲気美人ってカテゴリーなのです。朝ドラのヒロインいけるでぇ!私はそういうくくりの人です。

 

実際内面はこのブログをご覧の通り、性格悪いうえに爆裂してる非常に残念な女です。

 

女性読者が実際の私を見たら想像以上にビジュアルがへぼくて驚くと思います。

 

イメージに恋する男性が現れる

年の近い若い人は「やっぱり違った」とガッカリしてどっか行くのですが(賢明な判断だ)、オッサンはイメージだけしか見えていなくて、内面がどうこうの情報は遮断、人の話を全く聞いていないのです。

 


「今の社会おかしい!」→「今日森でお花を摘みに行った★」位の強引な変換してるとしか思えないです。

 

 

若い時に男性に「うるせー!」とメールで暴言を吐いた時、

 

「本物の姫姉様はどこだー!?出せー!」とかえってきた時にズッコケました。

 

そういう意味では若い人の方がまだ冷静かもしれません。

 

オジサンの取り巻きが出来て、会話するたびに「私の人格はどうでも良いんだな」と痛感します。

 

話の内容が明らか糞でもエクセレント!素晴らしいと絶賛されます。
私がどういう性格で、どういう価値観だということを正しく説明できる人はいないと思います。

 

私の人格でなくてイメージに恋する

「こうであって欲しい設定」がオジサンの中の私なのです。
設定をわざわざ壊す必要性もないし、それがオジサンの希望になるならそれで良いです。


本当の私を説明するのも変な話です。ただ温度差を感じざる得ないですね。

 


相手から好かれてるのに、不思議と空しいですね。
関心が集まっているのに、存在を無視されている気分になるんです。

 

 

私もますます語らなくなるから、さらにイメージだけが独り歩きし続けます。

 

イメージと本物にギャップがあっても構わないと思う

分かち合うことで夢が見れなくなるなら、すれ違っていても片方が幸せなほうが良いじゃないですか。

 

アイドル産業は、それでなりたっていますし。
そう考えるとアイドルは中々孤独なお仕事かもしれませんね。

 

 

私は私のイメージを超えることが出来ないんです。わざわざイメージ壊すの悪いから距離を置きます。私も私で幻ばかりを見ている人と一緒にいても、つまらないんですよ。

 

本当の私を知って貰おうとも思わないので、私も適当な調子で合わせます。

 

 

14/04/21の記事

 

★関連記事